ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

【映画レビュー漫画】『FILMO★GRAFFITI!(フィルモグラフィティ)』:映画『トランスフォーマー最後の騎士王』

映画『トランスフォーマー最後の騎士王』を漫画でレビュー


『トランスフォーマー最後の騎士王』あらすじ

中世イギリス。アーサー王は円卓の騎士達との戦闘の中オートボットの騎士達から授けられた魔法の杖の力で勝利します。

一方、前作の最後で創造主(クリエイター)と呼ばれる存在を探すために宇宙に旅立ったオプティマス。

地球上では対トランスフォーマー部隊TRFとオートボット、ディセプティコンが三つ巴の戦闘を繰り広げていました。

そんな中、惑星サイバトロンが地球に急接近していることが判明。発明家のケイド(マーク・ウォールバーグ)と大学教授ヴィヴィアン(ローラ・ハドック)、バンブルビーたちは、地球の危機を救うためにはオートボットの騎士達がアーサー王に授けた杖が必要であることを、エドマンド(アンソニー・ホプキンス)から聞かされます。

杖をめぐりバンブルビーたちがTRFと乱闘を繰り広げる中、クインテッサ人に洗脳され悪のトランスフォーマーと化したオプティマスが登場。

さらにクインテッサ人の狙いが地球滅亡と惑星サイバトロンの復活であることも判明します。

オプティマス・プライムに代わりオートボットの新たなリーダーとなったバンブルビーは、ケイドたちと共に人類を救うために奮闘します。

■出典:ciatr
https://ciatr.jp/topics/51633



■出典:『トランスフォーマー/最後の騎士王』日本版 本予告

Wakuiroの最新情報、取材画像、ライター紹介などが届きます!記事を見逃したく無い方はご登録をお願いします。
公式LINE@ 【Wakuiro情報配信】
友だち追加数

ライタープロフィール

直井武史
1978年生まれ。
漫画家、イラストレーター、イラスト講師。
一番得意としているのは似顔絵で、イベント出店やネット受注で年間250枚以上描いている。
カルチャースクール「TOPPINGLABO」では、イラスト講師としても活躍中!
趣味は映画鑑賞。
岐阜県に生まれ、代々木で講師をしている為、「君の名は。」大好きっ子。
SNSでフォローする