ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

メインもイイけど、サブもイイ!!映画『帝一の國』を支える名脇役をご紹介。

nani_web_B

(C)2017フジテレビジョン 集英社 東宝
(C)古屋兎丸/集英社

GWも終わり、いよいよ夏へ向けての準備が始まりますね。
その前に梅雨というどんよりした時期が待ち受けていますが・・・。
GWには映画をご覧になられた方も多いかと思いますが、今回は『帝一の國』で、主要メンバーを影で支えていた役者さんをご紹介します!
公開前から宣伝などで主要メンバーが表立って活躍していますが、これから観る方はもちろん、2回目を観たい方もぜひ注目してほしいポイントです。



主要メンバーは・・・?

映画のことをご存知ない方にもわかるように、ここで一度主要メンバーをおさらいしておきましょう。

主演を務める菅田将暉(赤羽帝一)、野村周平、間宮祥太朗、千葉雄大、竹内涼馬、志尊淳の6名です。

今をときめく俳優さんばかりで、他の映画にも重要なキャラクターで出演されていたり、他にも出演作を控えていたりします。
ヒロインには永野芽郁さんが出演されています。

もちろん!みなさんそれぞれ個性のあるキャラクターを演じていらっしゃったのですが、学園ドラマゆえ、他にもたくさん活躍されていた役者さんがいらっしゃったのです。




駒光彦役・鈴木勝大

間宮祥太朗さん演じる室長・氷室ローランドを尊敬し、片腕でありつつ従事しているのが鈴木勝大さん演じる駒光彦です。

いじめを受けていた駒を氷室が助けた過去があり、そのことから尊敬しつつも、逆らえない関係性でもあります。氷室は富豪の家系でお金持ちであり、それが生徒会長への欲も相まって裏目に出てしまう部分は、駒が自分の意見を通す貴重な場面になっていました。

その後も、氷室を慕い、最後には氷室を救うグっとくるセリフも。

個人的には、『帝一の國』の全キャラクターの中で駒が一番人間的で、リアルで好きでした。



佐々木洋介役・岡山天音

竹内涼馬さん演じる大鷹弾をサポートする役割だったのが、岡山天音さん演じる佐々木洋介です。

2011年に映画初出演して以来毎年出演作が途切れず、若手のバイプレーヤーとして活躍されてきた岡山天音さん。
今年もすでに他の公開作を控えていますが、今作では竹内涼馬さんと絶妙なコンビを演じていました。出演シーンや、セリフは少ないのですが、アドリブともとれるような竹内涼馬さんとの掛け合いなども観られて、岡山天音さんファンには贅沢な作品です。



古賀平八郎役・井之脇海

現・生徒副会長、古賀平八郎を演じていたのが、井之脇海さん。2006年ごろから芸能活動をされているので、実際に作品の中で見ると、「この人知ってる!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

現在、放送中の朝ドラ『ひよっこ』にも出演しており、今後に期待がかかる21歳です。とはいえ、21歳にして芸歴10年以上なので、安定したお芝居も期待ができます。映画は観る予定がないけれど・・・、という方も、朝ドラをぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

はぁ、、 #井之脇海

saegotoさん(@saegoto)がシェアした投稿 –



堂山圭吾役・木村了

現・生徒会長、堂山圭吾を演じたのが、木村了さん。学園ドラマということもあり、20代前半の役者さんが多いですが、その中でも28歳で、生徒会長という役柄も重なって貫禄のあるお芝居をされています。

実写の映画に出演されるのは『サンブンノイチ』(2014)以来なので、ファンの方にとっても待ちに待った公開なのではないでしょうか。



GWが終わっても、劇場へ!

お仕事や学校など、普段の生活に戻るとなかなか時間がないという方が多いと思いますが、ぜひ、時間を見つけてご覧になってください。

GWは満席状態で見づらかった、という方も今なら空いて落ち着いてゆったりと鑑賞できるはず。『帝一の國』をご覧になる際は、ぜひ主要キャストだけでなく、今作では脇役として活躍した役者さんにも注目してください。


【キャスト・スタッフ】
菅田将暉 野村周平 竹内涼真 間宮祥太朗 志尊淳 千葉雄大 /永野芽郁 吉田鋼太郎

原作:「帝一の國」古屋兎丸(集英社ジャンプコミックス)
監督:永井 聡
脚本:いずみ吉紘
音楽:渡邊 崇

■公開日
2017年4月29日

■公開情報
全国東宝系にてロードショー

■公式サイト
http://teiichi.jp/

■作品紹介
【イントロダクション】
生徒会長選挙に命をかける男・赤場帝一=菅田将暉、登場!
学園政権闘争コメディに、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大ら
超人気イケメン俳優が大集結!

集英社ジャンプSQで2010年〜6年間連載された漫画『帝一の國』(著:古屋兎丸)。美麗な作画と異色の物語に漫画ファンが熱狂、2014年には舞台化もされて絶大な人気を博す。そして、待望の映画化が決定!主演は、いま最も勢いのある若手トップ俳優・菅田将暉。原作の熱心な読者だった菅田は「帝一を演じられるのは自分しかいない!」と熱烈アピール、見事、主役を射止めた。帝一のライバルたち=超個性的な生徒の面々を演じるのは、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、
志尊淳、千葉雄大ら主役級の若手俳優陣。さらに永野芽郁、吉田鋼太郎らが共演する。監督は『ジャッジ!』『世界から猫が消えたなら』など話題作を手掛けてきたCM界の鬼才・永井聡。脚本は『ROOKIES』のいずみ吉紘が担当する。2017年GW,異色にして極上のコメディ・エンターテイメント、『帝一の國』がついに幕を開ける!!




Wakuiroの最新情報、取材画像、ライター紹介などが届きます!記事を見逃したく無い方はご登録をお願いします。
公式LINE@ 【Wakuiro情報配信】
友だち追加数

SNSでフォローする