ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

ラスト24分驚愕のラストは見逃せない!映画『暗黒女子』女子校を舞台にしたミステリー

(C)2017「暗黒女子」製作委員会

現在公開中の映画『暗黒女子』。原作は秋吉理香子さん作のミステリー小説です。
映画は、清水富美加さん、飯豊まりえさん主演で、女子校を舞台にしたストーリーになっています。
今回は、この映画に出てくる主要人物(キャスト)を全員ご紹介します!


あらすじ

セレブ女子高生たちが通う、聖母マリア女子高等学院。ある日、学院の経営者の娘で、全校生徒の憧れの的だった〈白石いつみ〉が謎の死を遂げる。校舎の屋上から落下したのだが、自殺か他殺か、それとも事故なのかわからない。やがて、いつみが主宰していた文学サークルの誰かが彼女を殺したという噂が立つ。親友だったいつみから会長を引き継いだ澄川小百合は、部員が自作の物語を朗読する定例会を開催する。今回のテーマは、「いつみの死」。それぞれを“犯人”と告発する作品を発表していく。物語は5つ、動機と結末も5つ──果たして真実はどれ?
引用:Filmarks




澄川小百合役 清水富美加

 
白石いつみの死後、文学サークルの会長を引き継いだのが、澄川小百合です。清水富美加さんが演じました。
残念ながら芸能界引退となった清水富美加さんのお芝居が見られる残り少ないチャンスでもあります。
結末まで本性を表さず、一見ほかの登場人物に比べ影が薄いように感じますが、最後の最後には圧倒的な存在感を示しました。



白石いつみ役 飯豊まりえ

 
最近では、映画『きょうのキラ君』でヒロインを演じた飯豊まりえさんですが、『暗黒女子』では裏表の激しい、不気味さを持った高校生を演じています。これまでにはなかったタイプのキャラクターを演じているので、飯豊まりえさんファンの方は必見です。
映画の予告でも「白石いつみ」が死んだということは情報公開されていますが、果たしてその真相はどうなっているのか、どんな仕掛けがあるのか楽しめますよ。



北上先生役 千葉雄大

 
女子生徒のシーンがほとんどの中で、澄川小百合や、白石いつみが通う学校の先生役で千葉さんが出演されていました。「可愛らしい」とたびたび話題になる千葉さんですが、映画では男らしさが漂うシーンが多かったです。すでにインタビューなどでご自身も語っていらっしゃいますが、出演シーンの大半がキスシーンで、これまでにないキャラクターになっています。女子生徒のなかでアクセントになる存在でした。


ディアナ・デチェヴァ役 玉城ティナ

 
留学生で外国人役ということでしたが、しっかりと役作りをされていた印象でした。玉城ティナさんは、映画『PとJK』、『サクラダリセット』と、同時期に公開されている3本の映画に出演されている、今大注目の若手女優さんです。それぞれ3作品ともキャラクターが全く違い、振り幅の大きい役を演じていらっしゃいます。どれかを観て気になった方はこの機会に、3作品とも映画館で観比べてみるのも良いかもしれませんね。



二谷美礼役 平祐奈

 
平祐奈さんも、今年多数の映画に出演が決まっている大注目の若手女優の一人です。『サクラダリセット』でも玉城ティナさんと共演されています。
可愛らしくて小柄な見た目には反して、気がキツいキャラクターだったり、嫌われ役を演じることも少なくないのですが、今回は家庭が貧乏だという事情を抱えた女子高生を演じています。とはいえ、その裏で過激な一面も。体当たりのお芝居も素晴らしかったです。



小南あかね役 小島梨里杏

 
去年、映画『人狼ゲーム』シリーズで主演を務め、テレビドラマや映画での出演が増えているのが小島梨里杏さん。とはいえ、2001年に芸能界入りをしており、芸歴15年以上のベテランの女優さんでお芝居の経験も豊富です。お菓子作りが上手で、ツインテールがポイントの女子高生を演じていました。しかしやはり、小南あかねも裏表のあるキャラクター。その二面性は見ものです。



高岡志夜役 清野菜名

 
志夜は中学生で小説家デビューをした文才高校生。表向きは、はじけるような明るさを持つ女子高生ですが、裏では白石いつみの父親と不倫関係にある女らしい一面も持っています。志夜が執筆した小説にも隠された秘密があり、劇中で暴かれる秘密にはヒヤっとしてしまいます。



登場人物全員が「裏表」のあるキャラクター

 
この映画の最大の魅力は、登場人物全員に表の顔、裏の顔があるということです。
強いて言えば主人公の澄川小百合だけは、白石いつみに従順なように見えますが、結末は・・・!?

出演女優さんらのゾっとする怖くて恐ろしい表情や言動は、この映画だからこそ観られるもの。
ぜひ、大きなスクリーンでご覧ください!


公式HP:http://ankoku-movie.jp/

公開日:2017年4月1日(土)
原作:秋吉理香子「暗黒女子」(双葉文庫)
脚本:岡田磨里
キャスト:清水美香、飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈ほか
監督:耶雲哉治
制作プロダクション:ROBOT
配給:東映、ショウゲート


Wakuiroの最新情報、取材画像、ライター紹介などが届きます!記事を見逃したく無い方はご登録をお願いします。
公式LINE@ 【Wakuiro情報配信】
友だち追加数

SNSでフォローする