ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

出演者がほぼスッピン!?オンナが磨かれる映画『コスメティックウォーズ』レビュー

172009_1

サムネイル画像:(C)2017「コスメティックウォーズ」製作委員会

人気女性誌のモデル、ドラマ、映画の女優さんとしても大活躍中の大政絢(おおまさ あや)さん主演で、2017年3月11日より公開になった映画『コスメティックウォーズ』。
今回は、女性必見!化粧品業界の裏側、メイクの勉強にもなる映画のレビューをしたいと思います。


上映館少なめ、期間短めなので早めに行くべき!

まず最初にお伝えしたいのは、上映館が少なめで、上映期間も1週間程度と短いところも多いようなので、気になっている方は、ぜひ今すぐお近くの劇場を調べて足を運んでくださいね。
オフィシャルHPより http://cosme-wars.com/theaters/index.html

規模は小さめの映画でしたが、化粧品会社の裏側を覗き見することができ、また出演する女優さんも”ほぼすっぴん”で超ナチュラルメイクなので、貴重な映画になっていますよ。


映画『コスメティックウォーズ』予告編




化粧品会社アルビオンの全面協力

特定の業界を描く映画では、その業界トップクラスの会社がバックアップをすることは多々ありますが、今回もそのひとつ。

化粧品会社での出来事を描くにあたって化粧品会社・アルビオンが全面協力しました。

アルビオンの製品がたくさん並び、実際の研究室や会社も映像に写っていたりと普段見ることができない映像が盛り込まれています。

そして、化粧品販売の研修の様子があったり、化粧水を作る研究室の様子があったりと裏側が見られて、化粧品や化粧水を普段から使用している全ての方の、興味をそそるはずです。

(C)2017「コスメティックウォーズ」製作委員会

(C)2017「コスメティックウォーズ」製作委員会



大政絢×高岡早紀が見どころ

そんな化粧品会社の裏側が見られることも見どころの一つですが、実はストーリーもしっかりしていて、心にぐっとくるシーンもあります。

大政絢さん演じる三沢がアルビオンの会社に入社し、研究員で会社の上司である中野渡を高岡早紀さんが演じています。

中野渡は仕事一筋で、自分にも他人にも厳しく、誰にも近づかず誰も寄せ付けずな関わりづらい人だったのですが、三沢と出会うことで少しずつ変化していきます。
しかも、打ち解けていくのにも理由がありました。

ここはストーリーのクライマックスがネタバレしてしまうので、お伝えできませんが、この映画を「メイクの裏に女の戦いあり」と宣伝している以上に、深い部分の人間関係が描かれていたと思います。

(C)2017「コスメティックウォーズ」製作委員会

(C)2017「コスメティックウォーズ」製作委員会



男性陣も女性のメイクを試していた!

商品の開発の段階では、女性だけでなく、男性も実際に使用することで、使用感を確かめているのだそうです。

この映画では主に、渡部豪太さん、井上正大さん、尚玄さんの3名の俳優さんが出演されていますが、このうち井上さん、尚玄さんはメイク姿を披露!

真っ赤な口紅やアイメイクなどを施していて、普段とは違う様子が見られますよ!

(C)2017「コスメティックウォーズ」製作委員会

(C)2017「コスメティックウォーズ」製作委員会



化粧品会社を舞台に描いた作品はあまりないので、興味のある方や、化粧品会社で働きたい!と思っている方にもおすすめしたい映画になっています。
ぜひ、お早めに劇場まで足を運んでくださいね。

コスメティックウォーズ公式HP:http://cosme-wars.com/



Wakuiroの最新情報、取材画像、ライター紹介などが届きます!記事を見逃したく無い方はご登録をお願いします。
公式LINE@ 【Wakuiro情報配信】
友だち追加数

SNSでフォローする