ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

【漫画:乙っさん劇場】意外と知らない東京ローカルおでん事情!!

日に日に寒くなってきて、暖かい鍋料理が美味しい季節になってきました!

中でも「おでん」は日本各地のローカル色が強く出ていて大変バラエティに富んでいます。

石川県のカニ、バイ貝、たけのこ等を入れる金沢おでんや、静岡県の黒はんぺん等、ご当地おでんは話題に事欠きません。

が、しかし!!!

各地方のローカル文化を紹介する某TV番組をはじめ、東京ローカルのネタがほとんど出てこないことにいら立ちを覚えている江戸っ子は少なくないはず!!

そこで今回の漫画では、東京の代表的なおでん種である「すじ」と「ちくわぶ」を取り上げてみました。


東京のおでんは「すじ」といえば牛ではなく魚…

「え?スジって牛スジでしょ?どちらかと言ったら関西文化じゃない?」と思う方も多いでしょう。

しかしネイティブの東京人にとって「すじ」と言えば、コリコリした軟骨の入った魚(サメ)の練り物なのです!!

今でこそコンビニおでんの影響で東京でも牛スジがポピュラーになりましたが、老舗のおでん屋や惣菜店などでは「すじ」は魚、牛スジはあくまでも「牛スジ」と表記されていることが多いのです。

そしてスーパーに行けば、おでん種のコーナーには必ず「すじ」が置いてあるのです。

おでんのすじ
すじのフルネーム(?)は「筋蒲鉾」で、細かく砕いたサメの軟骨が入っているので、コリコリしとた独特の食感が楽しめる上、練り物ですが割と身の密度が低いので出汁をよく吸うため、東京ではかなり人気なのです!!

おでんのすじ
ちなみに今回、この魚の「すじ」の分布図などを調べてみたのですが、九州や東北までチラホラと各地に点在している事になっていました。

しかし私が以前、某SNSで「『すじ』といえば魚だ」と言うアンケートをとった結果、関東でも東京と、その隣接県の県境周辺でしか知られていないという結果でした。

私の妻も北関東出身ですが、結婚するまで「すじ」を知らなかったそうです。

4コマ漫画 おでんのすじ 4コマ漫画 おでんのすじ

「ちくわぶ」が美味しくないという人の多くは食べ頃を間違ってるからです!!

そしてもう一つ、関西などで「あれのどこが美味いのか分からん!!」と言われるおでん種と言えば「ちくわぶ」です。

しかし、ちくわぶを不味いという西日本の方によく話を聞くと、「食べ頃」が間違っていることが非常に多いのです。

よく聞くのが「粉っぽい」という感想ですが、それは明らかに煮込み足りてない状態なのです。

ちくわぶは粉の密度が大変高く、なかなか出汁が染み込まないのです。最低2日は煮込まないと美味しくはなりません。私の個人的な理想は3日3晩です。

なので食べ頃になるまで煮込むと、表面はグズグズに崩れてしまうのです。このグズグスがおでんの出汁を濁らせるという事でコンビニおでんでは嫌厭されているようです。

ちなみにこちらが2時間(1時間煮て、味を染み込ませてからもう1時間)煮込んだちくわぶの表面と断面です。

ちくわぶ
まだまだ表面にうっすらと色が付いただけです。しかしこの時点で他のおでんの具材はほとんど煮えています。

多くの方はこの状態のちくわぶを食べて「粉っぽい」「変な食感」「不味い」と思うのです。

そしてこれが2日目のちくわぶです。

ちくわぶ
ちくわぶ
これだけグズグズになってからがようやく食べ頃なのです。

そして私個人的な好みの3日目の写真…と言いたいところですが、ちくわぶ大好きという妻にすべて食べられてしまいました。

それだけちゃんと煮込んだちくわぶは美味しいのです!

なので私の実家では、おでんをする前日からちくわぶだけ煮込んだり、もしくはちくわぶは2日目以降に食べるようにしていました。

4コマ漫画ちくわぶ 4コマ漫画ちくわぶ
余談ですが私は、すじはみそ汁の具に、ちくわぶは煮物にして食べることが多いです。

東京近辺ならスーパーに行けば両者とも簡単に入手できるものなので、地方から上京してきて住んでいる方はぜひとも試してみて下さい!

ちなみに「はんぺん」(白くてフワフワの練り物)も地域限定なのですが、地方により「はんぺん」の意味する物が異なっている事が判明したので、混乱を避けるため取り上げませんでした。

(前述したように、静岡でははんぺんは黒はんぺんでフワフワしていない…とか、関東でさつま揚げとされる物をはんぺんと呼ぶ地域もあったりとか…)

あの「白くてフワフワのはんぺん」がローカル食材と知り、東京出身者としてはかなりの衝撃なのですが…

今回の記事と漫画を読んで、「すじ」と「ちくわぶ」を試していただければ幸いです!




Wakuiroの最新情報、取材画像、ライター紹介などが届きます!記事を見逃したく無い方はご登録をお願いします。
公式LINE@ 【Wakuiro情報配信】
友だち追加数

ライタープロフィール

乙と家(OTOYA)
スポーツや筋トレを一切しないのにマッチョ気味な体を持つが、心は乙女。下ネタと洋楽をこよなく愛し、プリンスを敬愛する変態紳士。
本名は内緒にしようと思ったが、FBのアカウントでモロバレだと今気がつくようなオッチョコチョイです。
また、Wakuiro様では載せてもらえない下ネタ漫画をFBで公開中!!
SNSでフォローする