ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

サプリメントの効果と飲み方は?〜賢く健康なカラダを手に入れる!〜

サプリメント

食の欧米化や栽培方法が発達し、旬ではない野菜がいつでも食べられるようになったことで、現代の日本人は慢性的な栄養不足が指摘されています。

特に、ビタミンやミネラルが不足していると言われています。

その反面、健康志向の高まりによりコンビニやドラックストアでサプリメントを目にする機会が増えたように感じませんか?

ビタミンやミネラルは体内では生成出来ないため、積極的に食材やサプリメントで摂取する必要があります。

では、どんなサプリメントを飲んだら良いのでしょうか。サプリメントの効果と、効果的な飲み方をご紹介したいと思います。


ビタミン、ミネラルの役割

ビタミンとはカラダを働かせる栄養素のこと。脂質や糖質、タンパク質といった三大栄養素をエネルギーに変える働きをします。

一方で、ミネラルとは鉄、カルシウム、亜鉛、銅などの事でカラダの調子を整える働きがあります。

鉄や銅の不足で貧血、カルシウムの不足で骨がもろくなり、亜鉛の不足で味覚障害などさまざまな症状となってカラダに現れます。


サプリメントの飲み方6か条

サプリメントの飲み方
1:初心者は「マルチビタミン・ミネラル」から始める

「マルチビタミン・ミネラル」はベースサプリメントとも呼ばれ基本中の基本サプリメント。

これを軸に、肌のしみやそばかすが気になるのであればビタミンCを。

味覚障害があれば亜鉛を。

老化のスピードをゆっくりにしたければコエンザイム@10など不調に合わせてサプリメントを選択します。


2:水で飲む
サプリメントは薬ではなく栄養補助食品ですがお水で飲む事をオススメします。

お茶やコーヒーに比べて栄養をスピーディーに腸へ移動させる事が出来るからです。

お茶やコーヒーは栄養素の吸収の妨げとなります。


3:最低1ヶ月は試す
サプリメントは即効性のあるものではありません。まずは1ヶ月試してみましょう。

2、3ヶ月たってもカラダに変化がなければ種類を変えてみましょう。


4:食後30分以内に飲む
食後30分以内に服用することで食べ物と一緒に吸収され効率よく栄養素を取り入れられます。

空腹時に飲む事で胃を荒らしてしまうだけでなく、カラダが異物だと思い込み栄養素を吸収してくれないからです。


5:妊娠中、治療中、薬の服用中は医者に相談を
サプリメントによって体調に影響するものがあります。

また薬の作用を減弱させたり増強させたりするので必ず医者に相談しましょう。


6:冷暗所で保存する
目に見えるところに保存しておく事は大切ですが、あまりに高温だとサプリメントのカプセルのゼラチンが解けて薬がでてきてしまうことがあります。
特に車の中は高温多湿な環境になりやすいので絶対にNGです。

また、冷蔵庫の中に保存する方もいますが、冷蔵庫の開閉でサプリメントの劣化につながることがありますのでこれも要注意です。

サプリメント飲み方

いかがでしょうか?
忙しい現代人にはバランスのとれた食事ってなかなか難しいですよね。いつまでも健康で長生きをするためにはカラダを思いやる事も必要です。

まずはマルチビタミン・ミネラルのサプリメントで賢く手軽に健康の第一歩を踏み出してみませんか?

ライタープロフィール

桑原 佐知
都内の小児看護師。
父の糖尿病をきっかけに栄養学を学び、現在は食事の重要性を伝えている。
以前はダイエットアドバイザーをしていた。
多くの人が健康かつ、幸せになれる事を願って記事を書いております。
SNSでフォローする