ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

仕事運アップのオススメ神社!近場にこそ真のパワースポットはあった!

神社

神社での正しい参拝方法は知っていますか?
いくら仕事運や恋愛運をあげようと思っていても、正しい参拝方法を知らないままでは上がるものも上がりません。
今回はパワースポットの紹介がメインなので細かい作法は省きますが、正しい参拝方法を知って運気を上げていきましょう!

実は神社では、お願い事を沢山するよりも「今日も無事です」というありがたいと思う感謝の気持ちを奉納するのがいいんですよ。

後は毎月氏神様に参拝している方と、思いついた時にパワースポットと呼ばれる場所に行って、もの凄い勢いでお願いばかりしている方では、違いが出てきます。

筆者は神道を実践していて、家にも神棚や榊があるのですが、毎朝、榊の水替えと二礼二拍手一礼を欠かしません。

後は毎月、月初の氏神参拝。

新月も重なっているととてもいいですね!その時期に感謝の参拝と少しだけこうなったらいいなあという事を念じると、現実化されやすくなってきます。

さて、これを踏まえた上で次からオススメのパワースポット神社をご紹介します。

神社参拝

第一のパワースポットはご近所の氏神様

パワースポット巡りなど、最近ではツアーも組まれる程、色々な神社に行くのが流行っていますよね。

有名なパワースポットに行くのはいいのですが、その前に大切な神社といえば、自宅近くの氏神様なのです。

氏神様の参拝に行かないということは、例えば、家族に対して思いやりを持ったり、絆を深める事をしないのに、家族でもない有名人にペコペコしているのと同じようなものなのです。

まあ、ちょっと例えが行き過ぎているかもしれませんが、出来たら、氏神様を大切にして、それから色々な有名神社へ足を運ぶのがいいと思います。

自宅をどの神社が守ってくれているかというのは、神社庁のホームページで調べるか、電話をして聞いてみてください。

神社庁なんて、そんな省庁あったの〜?!と驚かれる方も多いと思うのですが、八百万の神々が住む日本、そんな省庁があるんです。


箱根九頭竜神社の月次祭は特別感あり!

この箱根九頭竜神社は月に1度13日に月次祭(つきなみさい)という催しをしていて、神社のある島まで午前中の船で行き、1時間位神主さんの祝詞を聞くというものです。

神主さんがお願い事を自分の名前で読み上げてくれて、祝詞をあげるというこの月次祭。完全に外で1時間位祝詞を聞いているので、季節によってはかなりの防寒対策などが必要かと思います。

あまり、自分の名前で祝詞を上げてくれる神社など少ないので、最近ではすごく人気スポットになっています。

行った人達の話を聞くと、運気が上がったというような事を聞く事も多いです。

ちなみに私は、今こうやって文章を書いていますが、九頭竜神社に行った後から、ライターの仕事をするようになりました。

それまで、やりたいなとは思っていたのですが、実現までは及ばずでした。
その後ライター関係の方に出会ったりで現実的にこうして文章を書く仕事にも就く事が出来ました。

人によって、どんな効果があるかは分かりませんが、この神社は仕事運アップには大変オススメの神社です。


代々木八番宮

代々木八幡宮の創建は歴史古く鎌倉時代です。そして境内には代々木八幡遺跡という、縄文時代からの住居跡の遺跡があり、約4500年前から、人間が住んでいた地として推定されています。
この代々木の地で荒井外記という人物が八幡大神の霊夢を観て、この神社が建てられたという事です。

神社は鎌倉時代の創設ですが、縄文時代からお祭り事の地として長い間聖地であった事から、出世運、仕事運アップの神社として知られるようになったのでしょう。

代々木八幡宮には出世稲荷というものがあり、どうやらここの出世稲荷を参ると出世するなどと言われていて、スーツを着て、参拝に来ている方もよく見かけます。

有名な話で、お笑い芸人の方がこの神社のそばに住んで、出世稲荷を参っていた所、あれよあれよと人気がでて、大ブレイクしたそうですよ。

神社の雰囲気も高尚なものがあって、かといって近寄りがたいという所は無いので、1度参拝してみてもいいでしょうね!

参拝

いろいろご紹介しましたが、あまり神様ばかりに頼っていてもいけないので、やはりご自身が思いっきり努力をしたうえで、参拝するのが一番良いかと思います。

努力をする事が1番の開運法だと思いますので、頑張っているけど、何だか上手くいかないなあ〜という時に訪れてみてくださいね!




Wakuiroの最新情報、取材画像、ライター紹介などが届きます!記事を見逃したく無い方はご登録をお願いします。
公式LINE@ 【Wakuiro情報配信】
友だち追加数

SNSでフォローする