ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

福岡・九州を中心に活躍する団体『CIP』企業と留学生の架け橋として留学生の就職を支援

おいしい料理に豊かな自然が魅力の九州の人気スポット“福岡”。

最近では、「生活しやすい都市」として国内のみならず海外からも高く評価されており、イギリスの情報誌『MONOCLE(モノクル)』が毎年発表している「世界で最も住みやすい25の都市」では2016年に7位に福岡がランクインしています。(日本の都市では1位に東京、京都が9位にランクイン)

また、海外からの観光客も年々増えており、平成27年においては外国人入国者数が200万人を突破したと報告されています。

そんな海外からも人気の街福岡で、元留学生が現役留学生の就職支援をしている団体『CIP(Creative Interchange Platform/シーアイピー)』の取り組みが注目されています。

CIPは共同代表を務める元留学生で韓国出身の柳基憲(リュウキホン)さんとインド出身のクマル・ダルメンドラさんらが平成26年に設立した団体で、SNSや動画共有等のICTを積極的に活用して留学生と企業を結び付ける活動を行っています。

CIPの活動は、他地域への人材の流出を防ぐという点で国や地域からも高く評価されており、「ひと=留学生」と「しごと=地場企業」が好循環できる先進的なまちづくりを目指しているそうです。

今回CIP共同代表の柳さんに活動の内容についてインタビューをさせていただきましたのでご紹介したいと思います。

CIP共同代表の柳基憲(リュウキホン)さん

CIP共同代表の柳基憲(リュウキホン)さん




CIPを立ち上げた理由

私は韓国の大学を卒業後、日本の大学院に進学し博士課程を修了したのですが、その後2年間は仕事が見つからず就職することができませんでした。

このような経験から「後輩たちに同じ苦労をさせたくない」という思いもあり、「外国人にとって福岡をもっと住みやすく働きやすいまちに変えたい」という目標を持っていました。

実は数年前に今の仕事の関係で、福岡都市圏における留学生の就職意識についてアンケート調査を行う機会があったのですが、調査の結果から、留学生を必要とする地場企業のニーズの掘り起しや、留学生の目線に合わせた就職支援活動の必要性を強く感じました。

そして、それからまもなくして当時アンケート調査に最も協力してくれたクマルさん(当時はまだ留学生)と一緒にソーシャルメディアを活用した留学生・市民・地場企業を繋ぐプラットフォーム『CIP』を立ち上げたのです。

出典:柳基憲, ICTを活用した外国人留学生の就職支援の可能性,公益財団法人福岡アジア都市研究所都市政策研究(第17号)

出典:柳基憲, ICTを活用した外国人留学生の就職支援の可能性,公益財団法人福岡アジア都市研究所都市政策研究(第17号)




CIPの特徴とは?

CIPは主に以下の3つの特徴をもっています。

1つ目は、運営組織は福岡で就業中の元留学生と現役留学生を中心としたメンバーで構成されているという点です。

また、日本語講師等の留学生の支援経験が豊富な日本人の方には、組織のコーディネーターとしてサポートしてもらっています。

2つ目は、SNSや動画共有等のICTを積極的に活用することで、時間と空間の制約に捉われず情報の共有を可能にしているという点です。

共有する動画の内容は、留学生の自己PR動画が中心で、動画撮影のサポートも行っています。また、自己PR動画が留学生の採用につながるよう、撮影後の動画はCIPのウェブサイトにアップし、会員企業がいつでも見られるようにしています。

3つ目は、留学生が企業に採用されたあとも、定着に向けたフォローをしているという点です。

CIPは留学生が就職できたあとも、地域との関わりを持ち続けていたいと思っています。

具体的には、地域のまちおこしのサポートや、英語、韓国語、中国語といった語学を教えたり、地域の子供達に外国人の子供達と交流する場を作ったりなどしています。

CIPのウェブサイトにアップされている外国人留学生の自己PR動画

CIPのウェブサイトにアップされている外国人留学生の自己PR動画


出典:CIPウェブサイト

CIPは、地域の行事にも積極的に参加し地域や市民との交流を深めています。

CIPは、地域の行事にも積極的に参加し地域や市民との交流を深めています。




留学生の自己PR力向上をサポート

自己PR動画は良い仕組みではありますがいくつかの課題をもっています。

その1つが、留学生の自己PR動画をどうすればたくさん確保できるのか」ということです。

留学生はお互いを信頼できなければ自己PR動画を送ってくれません。自己PR動画の仕組みがどんなにすばらしくても留学生が利用してくれなければ意味がありません。

そこで、我々は留学生との信頼関係を深める場として『CIPカフェ』という取組みを始めました。

CIPカフェは毎月第2土曜日に留学生や元留学生がつくる料理を食べながら、自己PRトレーニングを行う交流会です。毎月開催しているイベントですので、繰り返し参加し自己PRをすることで自己PR力の向上が期待できます。

CIPカフェでは自己PR動画も撮影もします。留学生や元留学生の他、一般の市民の方や企業の方も会に参加しますので、第三者からいろいろなアドバイスをもらえる環境であることも魅力です。

参加者の年齢の幅は広く、小さい子供から70歳代の大人までの参加実績があります。

一般市民の中で参加者が最も多いのは大学生で、「留学生と交流したい」、「これから海外に留学したい」という目的で参加する学生が多いです。

一方、自分の子供に国際交流をさせたいという目的で、子供を連れて家族で参加する人もいます。

参加者がイベントの存在を知るきっかけとしてはSNSが最も多く、最近は年配の方でもSNSをやる人が増えてきていますので、幅広い世代の方に情報の拡散が期待できます。

また、スマートフォンの普及のおかげで、気軽に自己PR動画を見てもらえる環境が広まっていることも良いチャンスであると考えています。

CIPカフェ参加者のみなさん

CIPカフェ参加者のみなさん



参加者の出身国もさまざまなので、会を通じ世界の食文化を知ることができます。

参加者の出身国もさまざまなので、会を通じ世界の食文化を知ることができます。



CIPカフェでの自己PRタイム。ファシリテーターを務めるのは、CIP共同代表でインド出身のクマル・ダルメンドラさん。

CIPカフェでの自己PRタイム。ファシリテーターを務めるのは、CIP共同代表でインド出身のクマル・ダルメンドラさん。




地域の企業への貢献

CIPカフェには企業の方が参加することも珍しくはありません。九州にある企業がほとんどで、分野としては貿易、商社、IT関連のところが多いです。

彼らの目的としては、外国語ができ、かつ海外の文化や習慣に慣れている人材を探していることが多いですが、九州の地方都市では、そういった人材の情報が得られにくいため「採用活動に苦労している」という話もよく耳にします。

実は先日、大分県由布院にある老舗旅館の女将さんから求人に関する相談を受けました。聞くところによると、社員の募集をかけていてもなかなか応募が来ないそうで、仕方なく人材紹介会社に相談したこともあったらしいです。

しかし、そういったところに人材紹介をお願いすると膨大な紹介手数料が必要となるらしく、その方は大変困っておられました。

CIPの場合は、留学生の紹介に関わったとしても今はボランティアとしてやっていますので手数料は取りません。

その代り、CIPの賛助団体会員や賛助個人会員に登録して貰っています。そのため、企業の採用活動にCIPを活用していただくことは、コスト面においてもメリットがあると考えています。

福岡は全国的にみても外国人留学生の数が多いエリアですが、残念ながら東京や大阪のように卒業後の留学生の受け皿となる企業がたくさん存在するわけではありません。

留学生の中には「福岡が大好きなので就職は福岡でしたい」という学生もたくさんいます。」しかし、彼らの受け皿となる企業は九州全体で見てもまだまだ不足しているのが現状です。

こういった状況を受け、CIPではSNSや自己PR動画の仕組みを活用し、留学生と地域の企業を繋ぐ活動に力を入れています。

kachi

今後に向けて

CIPの活動は場所を福岡や九州に限定していません。例えば海外では、韓国のプサンやベトナムのハノイでCIPカフェを開催したこともあります。

特に日本から近い距離にある韓国では「福岡もしくは九州なら就職したい」という学生はたくさんいます。

実際に、CIPを通じ韓国の学生に福岡の企業でインターンシップをやってもらっている事例もあります。

大手企業の場合ですと、インターンシップ制度を導入しているところは珍しくはないと思いますが、中小規模の企業では少ないはずです。

CIPではこういったインターンシップをサポートする活動もこれから強化していく予定です。今後はインド、韓国、タイ、ネパールなどをはじめ、海外のさまざまな地域に住む学生達とのネットワークを強化し、現地にも拠点を作っていきたいと思っています。

ぜひこれからの我々の活動にご注目ください。

韓国のプサンでもCIPカフェを開催

韓国のプサンでもCIPカフェを開催




CIP(Creative Interactive Platform) 問い合わせ先

〒810-0014
福岡市中央区平尾1丁目13番12-302号
Tel:090-9499-8681(クマル)
E-mail: cip.desk@gmail.com

http://www.cipkyushu.org/(CIPホームページ、英語版)
http://www.cipfukuoka.com/(CIPマッチングサイト)
https://www.facebook.com/cip.kyushu/?fref=ts (CIP FaceBook)


※CIP会員募集中!
賛助団体会員:年間10,000円/一口
賛助個人会員:年間 3,000円/一口
団体口座:西日本シティ銀行
天神支店 普通
口座番号:3087060
口座名義:シーアイピー


ライター:たぬきち

SNSでフォローする