ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

【第2回 東京忍者コラム】9月の行事“お月見”「お団子」「すすき」「うさぎ」の意味とは・・・?

皆様初めまして!今回の担当は「東京忍者 凛」です!

私は日本文化をテーマにしたお話を中心に発信して参ります。宜しくお願い致します!!

さて、日中はまだまだ暑いですが夜はだいぶ涼しくなり、虫達も鳴き始め所々に秋が見えつつある今日この頃・・・。
はい!秋の重大イベントの1つと言っても過言ではない「お月見」がやってきます!!

旧暦8月15日。今年の十五夜は「9月15日」です。

月見そばに月見うどん。某チェーン店で毎年人気の○○バーガーなどなど!
日頃から愛されている「月見」ですが、お月見をイベント事としてした事のある方は少ないのではないでしょうか。

今年は一歩踏み込んで「お月見」を実践してみましょう!


そもそもどんな行事なの?

e71616595d9e5aa3120622b74a058fb6_s
お月見の行事にはこんな意味合いがあります。

「メッセージ」

・感謝、祈願
まだ電気の無かった時代、月の明かりはとても貴重な存在でした。暗い夜道や夜な夜な作業する手元を照らしてくれる月への感謝の気持ち。

それから、この時期収穫が迫るお米をはじめ農作物が無事に育ち収穫できますようにと豊作を願う気持ちが込められていました。

「娯楽」

・愛でる
秋は空気が澄んで一年の中で最も月が綺麗に見える季節です。たくさんの月の詩が和歌集に残されているように、昔から人々は月に魅了されていたようです。

平安時代の貴族社会からこのような娯楽が生まれたようですが月を「綺麗だなぁ」と眺める行為は縄文時代にはあったと言われています!

私の好きな小説である陰陽師が縁側で庭先から漂う季節の花の香やそれこそ月を眺めつつお酒をゆるりと飲むシーンがありまして・・・何とも素敵で憧れます!
日本酒を語れるようになりたい・・・!


なぜお団子?すすき?

c56c97aa3520f37c214f9ebb912128ca_s
まず、お米を挽いて丸めたお団子。これは「月」を表しています。

一般的には白いお餅ですが地域によってはあんころ餅やずんだ餅、さらにはお団子ではなく、お芋を月に見立る所もあります。

すすきはというと「稲穂」に似ているから。本物の稲穂を飾る事もあり、これらは「邪気を避ける」意味があります。


お月見といえばうさぎ

usagi
必ずと言っていいほどお月見のイラストには「月とうさぎ」がセットで描かれますよね。
可愛らしいので個人的には大好きなのですが、なぜこの組み合わせなのか皆様はご存知でしょうか?ある昔話をご紹介します!!

あるところに人間になりたいと願う、さる・きつね・うさぎがおりました。
三匹は、その願いを叶えるために「良い行い」をしようと思いつきました。

そこへ今にも倒れそうな旅人が・・・。さるときつねは、木の実などの食べ物を旅人のために採って来てあげました。
しかしうさぎはなにも得る事が出来ず、さるときつねに「火を焚いて欲しい」とお願いします。

なんと、うさぎはその火の中に身を投げ自分自身を捧げたのです。
それをご覧になっていたお釈迦様がうさぎの優しさ、そしてその強い気持ちを皆の手本にとよく見える空の月に甦らせたのでした。

何とも驚きな内容ですが、皆様はこのお話を耳にしたことはありますか?うさぎは人間を通り越して永遠の存在になったのでした・・・
このお話から日本では「月にうさぎ」という概念が伝わったようです。

うさぎは日本だけ?!

月の影の形からもうさぎに例えられますが実はこのお話、仏教説のため世界的にうさぎと言われているわけではないのです!

他国ではザリガニ、女性の横顔、かえる、ライオンなどに模られているそうです。

実際に見比べてみるとそういわれてみれば・・・?!月の影にもご注目です!!


実践!作ってみよう、飾ってみよう!!

odango
お月見には細かく分けると十五夜、十三夜、十日夜とありますがここでは十五夜仕様でご説明します。

・まず、なくてはならないお団子!

もちろんもち米からでも良いですが、手軽に白玉粉などでもOK!
お餅をこねこね、くるくる。くるくる・・・くるくる・・・?ストーップ!!

実は・・・お月見のお団子、真ん丸はNGです!お仏壇にお供えする枕団子とは別で少し潰します。
1つの大きさは十五夜にちなんで一寸五分(約4.5 センチ)。

白餅でなくてはいけないという決まりはないので味付けはご自由に!
ちなみに私は欲張りなので白餅を飾り、頂く時にきな粉やあんこ、お醤油などをつけます!!

・作ったお団子を積もう!

お団子の数も15個を3段(簡略する場合は5個を2段)に積みます。

本来台は三方(三宝)に白い紙を敷き、その上に積みますがお盆やお皿に懐紙、半紙を代用で問題ありません。

ただ、これだけは守らねばなりません!
すすきと置く際は「『月から見て』左にすすき、右にお団子」と決まっているので間違えないように置きましょう!


お月見後は・・・食すべし!

お仏壇やお墓のお供え物を食べてはいけません、怒られます!

ですがお月見のお供え物は食べても怒られないんです!昔は子供達が食べ歩く習慣もあったとか・・・まるでハロウィンですね。
食べることで健康と幸せを得ることが出来ます!これは食べるしかない!!

また、すすき(稲穂)も軒に吊るしておくと1年間病気をせずに過ごせるそうです。
終わった後のほうが重要かもしれません!恐るべしお月見!!


願うもよし、風情を味わうもよし!
月を見上げるだけでも、本格的に物を揃えなくても簡単にお飾りも出来るので、ぜひ秋の夜長に「お月見」を堪能してみてください!!





Wakuiroの最新情報、取材画像、ライター紹介などが届きます!記事を見逃したく無い方はご登録をお願いします。
公式LINE@ 【Wakuiro情報配信】
友だち追加数

ライタープロフィール

東京忍者(宝月ねね・高千穂 凛)
甲賀忍者の末裔である宝月ねねと、高千穂 凛の二人で結成されたボーカルユニット。
日本文化の発信と共に、誤解されている忍者の姿を正すために、精力的に活動をしている。忍者文化の本質を伝えつつ、忍者の新しい可能性を模索しながら東京で修行(Live)中
SNSでフォローする