ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

パラリンピックは面白い!超人たちの活躍を楽しむパラリンピックの見どころ3選

日本の金メダル獲得数が過去最多を記録し、閉会式では「安倍マリオ」で世界中の話題をかっさらったリオ・オリンピック。数多くのドラマを見せたリオ・オリンピックですが、まだ終わってはいない!

オリンピックの後には、パラリンピックが待っています。


(リオ・パラリンピック公式トレーラー『We’re The Superhumans』)

なかなか全国区では放送されないパラリンピックですが、オリンピックと同じ位、或いはそれ以上に見る人の胸を熱くし、感動させるんです。

ということで、今回は2016年9月7日~9月18日に開催されるパラリンピックの見どころをご紹介したいと思います。


パラリンピックの見どころ① 金メダル続出か!?日本勢の活躍

mv_medalist 出典:リオ2016パラリンピック競技大会

まず、多くの人に注目して欲しいのが、リオ・パラリンピックで日本勢が獲得する金メダルの数でしょう。

障がい者スポーツの祭典とは言え、実際にプレイする方々は真剣そのもの。「自分が満足するプレイ」と「頂点に立つこと」を常に意識し続けている彼らが、2016年リオ・パラリンピックで一体どれほどのメダルを獲得するのかは、ぜひ注目して欲しいところです。

第14回2012年ロンドン・パラリンピックでは、第13回大会の北京(金:5個 銀:14個 銅:8個)に比べてメダルの獲得数が大きく下がってしまい、金5個、銀5個、銅6個と言う悔しい結果となってしまいました。

しかし、この悔しさをバネにした選手たちが2016年リオ・パラリンピックでは、大躍進することが予想されます。

また、リオ・オリンピックよりもリオ・パラリンピックではドーピング検査が厳しくなっており、前大会よりもフェアなパラリンピックとなっていることを考えると、リオ・オリンピックと同じくリオ・パラリンピックも日本勢のメダルラッシュに、眠れぬ夜を過ごすことになりそう……!


パラリンピックの見どころ② ハンディを感じさせないプレイ

障がい者スポーツの祭典、パラリンピック。
私たちはどうしても、「障がい者」と聞くと”弱者”というイメージを抱いてしまいがちですが、パラリンピックではそんなイメージを払拭するようなスーパーヒューマンたちのプレイが見られます。

その中でも絶対に見て欲しいのが「車いすバスケットボール」と「柔道」です。


「車いすバスケットボール」の迫力に圧倒!

basketball-102377_1280
『SLAM DUNK』の作者、井上雄彦氏が車いすバスケットボールを題材に描いた漫画『リアル』が売れたことで、その知名度も一気に上がった車いすバスケットボールは、パラリンピックの花型競技の1つです。

「ダブルドリブル禁止」「ボールを持った状態で車いすを3回漕ぐとトラヴェリング」と健常者のバスケットボールとなんら変わらないルールの中、車いすと車いすが激しくぶつかり合う試合は迫力満点!

見れば、必ず虜になる車いすバスケットボールを、絶対に見逃さないで!

【試合日程】
NHK2016.9.9(金)
日本 前3:30-開始 トルコ

NHK2016.9.10(土)
日本 前3:30-開始 スペイン

NHK2016.9.11(日)
日本 前10:05-開始 オランダ


瞬きすら出来ない「柔道」

b487027ae41d0c5d15641775a36a5415_s
パラリンピックで開催されている柔道も基本的なルールは、健常者の柔道とほとんど同じ。ただし、視覚障がい者向けの競技として行われているため、両者が互いに互いに組んでから試合が開始します。

互いに組み合ってからの試合開始ということもあって、主審の「はじめ」の声と共に、大技の掛け合いになることも多く、一瞬の隙が勝負を決めることも少なくありません。

実際、5分間の試合の残り2秒以内で大逆転勝利が起きることもあり、パラリンピックの柔道は、瞬きすら許されない緊張感があります。

ハラハラドキドキの連続が癖になる、パラリンピック柔道に今年は注目されてみてはいかが?

【試合日程】
NHK2016.9.9(金)
5:30~6:30
●女子48kg 
●男子60kg
●女子52kg
●男子66kg

NHK2016.9.10(土)
5:30~7:00
●女子57kg
●男子73kg
●女子63kg
●男子81kg

NHK2016.9.11(日)
5:30~7:00
●女子70kg
●男子90kg
●女子78kg
●男子100kg
●男子100kg超


パラリンピックの見どころ③ 選手たちの汗と涙

wheelchair-369735_1280
オリンピック選手と同じくパラリンピックの選手も、リオ・パラリンピックへ向けて常人では考えられないような、鍛錬を行っています。

しかも、彼らは身体にハンディがありながら、それを感じさせないプレイを私たちに見せてくれます。

そんな彼らの想いこそ、パラリンピックの最大の見どころと言えるでしょう。試合に勝ち、試合に負け、メダルを取り、メダルを逃し、栄光の一瞬のためにひたすら努力し続けた選手たちが見せる、大粒の汗と一筋の涙――。

どうかパラリンピックをご覧になる方は、結果だけでなく、選手たちが流す汗とその涙を絶対に見逃さないでください!





Wakuiroの最新情報、取材画像、ライター紹介などが届きます!記事を見逃したく無い方はご登録をお願いします。
公式LINE@ 【Wakuiro情報配信】
友だち追加数

ライタープロフィール

やまー
中国留学、居酒屋店長、営業マン、ママチャリ日本一周、味噌屋……とワケの分からないことばかりしているWEBライター兼フリーライターが小生、やまーでございます。
日陰者としての生き方が極まって、ほとんど外出をしない引きこもりライターになりつつある今日このごろ。長年の飲食業経験から無駄に食の知識が豊富で、料理の腕がプロ級なので、マンガやアニメのご飯を真似して、1人悦に入ることが趣味。
ネット弁慶のため、ネットで話題の情報に好奇心旺盛に噛みつくよ!
SNSでフォローする