ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

イベント『ロマンシング佐賀3』体験レポート -佐賀市内編(9月4日までの開催)-

佐賀市エリアスタンプラリーの景品は『ロマンシング佐賀3』オリジナルのステッカー。

皆さんは夢中になって遊んだテレビゲームはありますか?
私は子供のころ『ロマンシング サ・ガ (Romancing Sa・Ga)』というゲームソフトに夢中になっていました。

『ロマンシング サ・ガ』は、1992年1月28日にスクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたスーパーファミコン用ゲームソフトで、「フリーシナリオシステム」を導入した当時大人気のロールプレイングゲームです。

「フリーシナリオシステム」とは、決められた筋書き通りの物語が展開するのではなく、プレイヤーが選択した行動次第で物語の流れが変化していくというシステムのことで、発売当時はこの画期的なシステムが広く話題を集めました。

歴代『ロマンシング サ・ガ』シリーズのゲームソフト。

歴代『ロマンシング サ・ガ』シリーズのゲームソフト。



この『ロマンシング サ・ガ』ですが、実は今、佐賀県とのコラボレーション企画として注目を集めているのをご存じでしょうか?

その企画が『ロマンシング佐賀』です。

『ロマンシング佐賀』は、”サガ”シリーズと佐賀県の伝統工芸が融合した奇跡のコラボイベントとして2014年に東京・六本木で第1弾が開催され、話題となりました。

そして第3弾となる今回の『ロマンシング佐賀 3』では、今年7月30日から佐賀県の佐賀市(~9月4日)・嬉野市(~12月下旬)を舞台に熱いイベントが繰り広げられています。(11月には佐賀県有田町でもイベント開催予定)

『ロマンシング佐賀3』のイベント用ポスター。

『ロマンシング佐賀3』のイベント用ポスター。



ロマサガファンにはたまらないこの企画に、私もファンの1人として体験してきました。
今回はまず佐賀市内で開催されている内容からご紹介したいと思います。


佐賀県立美術館

まず最初に訪れたのが、”佐賀県立美術館”。

ここでは、”サガ”シリーズの原画展『ロマンシング佐賀展』が開催されており、70点を超えるキャラクターデザイン等の原画や佐賀県の特産品とコラボレーションして制作された貴重な作品を見ることもできます。

美術館が開館する前に到着したのですが、早くもロマサガファンと思われる来場者達が50名程入口の前で並んでいました。

佐賀県立美術館正面。

佐賀県立美術館正面。



開館時間の9:30。いよいよ中に突入です!
中に入ると展示室の前で、スタンプラリー用の台紙が配布されていました。もちろんゲットです。

“佐賀県立美術館”では人気漫画『キングダム』の企画展(~9月4日)も同時開催中で、複製原画、カラーイラスト、絵コンテの数々や、キングダム連載10周年実写特別動画プロジェクトの動画などを見ることができます。
こんな素敵な企画展が2つ同時に楽しめるなんて、ファンなら遠方からでも訪れたくなっちゃいますよね!

しかもどちらの企画展も入場無料なんです!ちなみに、『ロマンシング佐賀展』には九州圏内からはもちろんのこと、東京、大阪、広島など、全国各地からロマサガファンが訪れているそうで、企画展初日の来場者数は1000人を超えていたそうです。

展示室前にてスタンプラリー用の台紙をゲット!

展示室前にてスタンプラリー用の台紙をゲット!



会場内には『魔界塔士Sa・Ga』から、『サガ スカーレットグレイス』までのイラストが展示されており、思い入れのあるシリーズのイラストを見ていると、思わず懐かしさが込み上げてきます。

歴代"サガ"シリーズのイラスト。

歴代”サガ”シリーズのイラスト。



佐賀県を代表する伝統的工芸品といえば”有田焼”。

キャラクターのドット絵がデザインされたこちらの食器類もなんと”有田焼”なんです。
お茶の美味しい佐賀だからこそティーセットが光ります。

ドット絵のキャラクターがデザインされた"有田焼"。

ドット絵のキャラクターがデザインされた”有田焼”。



高さ4mの『ロマンシング佐賀3巨大バルーン』。
こちらの電球の様な気球、サガシリーズならではのゲームシステム”閃き”の電球を模してあるようです。

実は佐賀県では、アジア最大級を誇る熱気球イベント『佐賀インターナショナルバルーンフェスタ』が毎年秋に開催されており、大空に浮かぶ世界中から集まった100機以上の熱気球を見るためにたくさんの観光客が訪れるそうです。

高さ4mの『ロマンシング佐賀3巨大バルーン』。

高さ4mの『ロマンシング佐賀3巨大バルーン』。



巨大バルーンのすぐ向かいには、書き込みのできる12.6mの巨大な”寄せ書きボード”があります。
書き込み自由なこのボードには、たくさんのファンによる愛のこもったコメントやイラストが書き込まれていました。

ボードの中心を堂々と飾る『ロマンシング佐賀3』という文字ですが、こちらは佐賀県出身の書家、江島史織先生の書です。

12.6mの巨大な"寄せ書きボード"

12.6mの巨大な”寄せ書きボード”



展示室の入り口付近にはスタンプラリーのコーナーが設置されています。
忘れずにスタンプを押しておきましょう。(Twitterと連動したデジタルスタンプラリーも楽しめます。)

展示室入り口付近にあるスタンプラリーのコーナー。

展示室入り口付近にあるスタンプラリーのコーナー。



スタンプ台の手前には、”サガ”シリーズ関連グッズやロマンシング佐賀コラボ商品を購入できるコーナーが設置されており、佐賀県特産品のお茶や海苔、和紙を使った扇子など、佐賀県ならではのコラボ商品が陳列されています。

その他、20周年の画集、サントラCD等もそろっており、ロマサガファンにはたまらない充実のラインナップです。

左は"サガ"シリーズのキャラクターデザインを手掛ける小林智美氏の挿画集。 右は"サガ"シリーズ20周年特別記念ブック。

左は”サガ”シリーズのキャラクターデザインを手掛ける小林智美氏の挿画集。
右は”サガ”シリーズ20周年特別記念ブック。



左は『術法 ロマ佐賀嬉野茶 <嬉野紅茶 四年熟成発酵>』。 右は『術法 ロマ佐賀嬉野茶 <嬉野深蒸し緑茶>』。

左は『術法 ロマ佐賀嬉野茶 <嬉野紅茶 四年熟成発酵>』。
右は『術法 ロマ佐賀嬉野茶 <嬉野深蒸し緑茶>』。



しっかりと旨みが凝縮された『佐賀丸 焼のり』。

しっかりと旨みが凝縮された『佐賀丸 焼のり』。



三百年以上の歴史を持つ佐賀の"肥前名尾和紙"を使用した扇子。

三百年以上の歴史を持つ佐賀の”肥前名尾和紙”を使用した扇子。



ちなみに、私は『ひのきコースター』を購入したかったのですが、なんと残念なことにすでに売り切れとなっていました。
売れ筋商品につき品切れとのことです・・・

残念ながら『ひのきコースター』は売り切れ。

残念ながら『ひのきコースター』は売り切れ。



こちらは『ロマンシング サ・ガ』のラバーストラップ。

キャラクターを選ぶことはできませんが、好きなキャラクターが対象となっていましたので1つ購入してみました。
どんなキャラクターが当たるのかとても楽しみです。

『ロマンシング サ・ガ』のラバーストラップ

『ロマンシング サ・ガ』のラバーストラップ



ラバーストラップの箱の中身は・・・

『ロマンシング サ・ガ』より『シルベン&ブラウ(シルベンは狼、ブラウは熊)』!
狙っていたのがきました~!大好きなキャラクターです!

『ロマンシング サ・ガ』を初めてプレイした時に友人にお勧めされたのが『クローディア』と言う女性キャラクターです。
その『クローディア』と一緒に冒険を共にするのがこの『シルベン』と『ブラウ』なのです。
仲間の少ないストーリー序盤で、とても頼りになる2匹だったのを覚えています。

購入したラバーストラップの箱の中身。

購入したラバーストラップの箱の中身。



美術館から外に出ると、お姉さんが佇んでいます(暑い中お疲れ様)。その横には縦型の大きな冷凍庫。

中には・・・。

『竹下製菓 株式会社』の『ゆきだるまのブラックモンブラン』です!

『ゆきだるまのブラックモンブラン』が入った冷凍庫の中。

『ゆきだるまのブラックモンブラン』が入った冷凍庫の中。



佐賀のソウルフード『ブラックモンブラン』
猛暑が続く今年の夏にピッタリです!

『ブラックモンブラン』は美術館正面入り口にて販売。

『ブラックモンブラン』は美術館正面入り口にて販売。



チョコがパリパリで、クランチも歯ごたえあります。中のバニラも最高です!
食べる際はクランチが落ちやすいので床を汚さないように気をつけてくださいね。

『ブラックモンブラン』の中身。

『ブラックモンブラン』の中身。



なんと運のイイことに100点の当たりくじバーを引きました!
これをお店の人に見せれば、『ブラックモンブラン』1本と交換してくれます。
思わぬ2本目の『ブラックモンブラン』で朝からおなかいっぱいになりました。

100点の当たりくじバー。

100点の当たりくじバー。




佐賀城本丸歴史館

美術館を満喫したあとに向かった先は、第2のスタンプラリーポイント”佐賀城本丸歴史館”。
美術館から歩いて行けます。

城門前到着!イクゾー!(ロマサガのキャラクター『ナイトハルト殿下』風に)

『ロマンシング サ・ガ3』の 『玄城バトルのテーマ曲』が私の脳内にBGMとして流れます。
テンションが高まります!

"佐賀城本丸歴史館 鯱(しゃち)の門入口"。

“佐賀城本丸歴史館 鯱(しゃち)の門入口”。



門をくぐると、いきなり『ドラゴンルーラー(赤)』(ロマサガ3のモンスターです)・・・ではなく、”アームストロング砲”がお出迎え。
そのすぐそばに”佐賀城本丸歴史館”があります。

"佐賀城本丸歴史館" 入口前。

“佐賀城本丸歴史館” 入口前。



“佐賀城本丸歴史館”。響きが素敵です!もちろん造りも素晴らしいです。

ここは幕末期の佐賀城本丸御殿の一部を忠実に復元し建てられた歴史博物館で、木造復元建物としては日本最大の規模を誇るそうです。

早速中に入ってみると、長さ約45メートルの畳の廊下が現れます。畳を歩くって気持ちイイですね~。

長さ約45メートルの畳の廊下。

長さ約45メートルの畳の廊下。



館内には、銃、鎧、兜、ジオラマ、図面、掛け軸、書、模型など、たくさんの展示品を見てまわることができ、ボランティアの方に展示品や佐賀城の歴史案内をお願いすることもできるそうです。

中には指名を受けるほどの人気ボランティアガイドの方もいるらしく、かなり深いお話が聞けそうです。

たくさん見どころのある”佐賀城本丸歴史館”ですが、私のお勧めの場所は藩主”鍋島直正”の居室”御座間(ござのま)”です。
障子が開けられていて自然の風と畳の気持ちの良い空間です。心が癒されます。

佐賀藩主"鍋島直正"の居室、"御座間"。

佐賀藩主”鍋島直正”の居室、”御座間”。



館内をぐるり一周するとそこにはスタンプラリーポイントが。
早速押します。

歴史館内のスタンプラリーポイント。

歴史館内のスタンプラリーポイント。



館内ではスタンプラリー以外にも、『佐賀市の秘宝を探せ!』と言うサブイベントも行われております。
2箇所ありますので探してみましょう!

スマートフォンを利用したサブイベント『佐賀市の秘宝を探せ!』。

スマートフォンを利用したサブイベント『佐賀市の秘宝を探せ!』。




03coffee

“佐賀城本丸歴史館”を出て、次に向かった先は第3のスタンプラリーポイント”03coffee”。
こちらも歩いて行けます。

猛暑が続く8月、外をほんの少し歩いただけでも大量の汗が吹き出します。「早くカフェで涼みたい」と思っているうちにお店へ到着しました。
店舗前にはスタンプラリーポイントが!

すぐに押したいところですが、先ずは喉の渇きを癒すべく店内へ突撃です!

"03coffee"入口。

“03coffee”入口。



扉を開けるとコーヒーの香り・・・。イケメンのスタッフさんがコーヒーを煎れています。店内はとにかくオシャレ。
カウンターテーブルも綺麗でとても良いです。ペア席、ソファ席も、お店の雰囲気とマッチしていてとても気持ちの良い、白が基調の清潔感のあるお店です。

"03coffee"店内の様子。

“03coffee”店内の様子。



店内を見渡してみると、なんと『ひのきコースター』が置いてありました!!(しかも全種類!)

購入は出来ませんでしたが、全種類の実物を見ることができて感動です!
(※ こちらのお店ではひのきコースターの販売はしていません。お店の品物ですので、絶対に持ち帰らないようにして下さい。)

ロマンシング佐賀3オリジナルの『ひのきコースター』。

ロマンシング佐賀3オリジナルの『ひのきコースター』。



ソファ席に案内されて、いよいよ注文です。
選んだメニューはもちろんコラボメニューの『聖王のサンシャインラテ』。

上からミルクフォーム、エスプレッソ、ミルク。色と質感が変化していく、とても綺麗なカフェラテです。
ミルクフォームはゲーム内の『聖王廟』の雲のように白くふわふわしています。

エスプレッソの部分は『聖王廟』の建物、下のミルクは『聖王廟』のある町『ランス』の雪・・・。
うん、光景が目に浮かびます!

一番下にはうっすらとオレンジ色・・・なんと『甘夏』だそうです。

佐賀は甘夏も有名なようです。甘夏・・・佐賀の大地と太陽、農家の方の努力。『太陽術』の『基本術・サンシャイン』にぴったりの組み合わせですね!

ロマンシング佐賀3コラボメニューの『聖王のサンシャインラテ』。

ロマンシング佐賀3コラボメニューの『聖王のサンシャインラテ』。



しっかりと混ぜて飲むらしいので、しっかりと混ぜます・・・。どんな味がするのでしょう!

しっかりと混ぜたあとの『聖王のサンシャインラテ』。

しっかりと混ぜたあとの『聖王のサンシャインラテ』。



ひとくち口に含むと、甘夏の酸味が広がり、コーヒーの苦味が追いかけてきます。そして最後にミルクの風味と甘夏のさわやかな香りが残ります・・・。
喉が渇ききっていたので、あっという間に飲み干してしまいました。

ミルクもエスプレッソも濃厚でしっかりとした味わいですが、甘夏の酸味と苦味でとても後味のスッキリとしたカフェラテです。

「まだ飲みたいな…。」という欲望に素直に従い、テイクアウトでもう一杯注文します。
すると、テイクアウト分には『ロマンシング佐賀3』の印字がされたテイクアウトカップスリーブが付いてきました。
カッコイイ!

テイクアウト用に注文した『聖王のサンシャインラテ』。

テイクアウト用に注文した『聖王のサンシャインラテ』。



最後に忘れてはいけないのがスタンプラリー。

佐賀市エリアのスタンプラリー台紙もここですべて埋まりました。勝利です!
スタンプラリーの景品を貰うために再び美術館へ向かいます。

佐賀市エリアのスタンプラリーの台紙が完成。

佐賀市エリアのスタンプラリーの台紙が完成。




再び佐賀県立美術館へ

早速、展示室前の受付に行き、完成したスタンプラリーの台紙を提出します。
ついに景品をゲット!

『ロマンシング佐賀3』オリジナルのステッカーです。
いいですね~!主人公チームは本当にカッコイイです。
これは戦利品としても申し分ないですね!

ちなみに、スタンプラリーの台紙は持ち帰ることができます。
せっかく集めた『七英雄』のスタンプ、ぜひ持ち帰りましょう!

佐賀市エリアスタンプラリーの景品は『ロマンシング佐賀3』オリジナルのステッカー。

佐賀市エリアスタンプラリーの景品は『ロマンシング佐賀3』オリジナルのステッカー。




いざ!次のステージ嬉野へ

しっかりと楽しんだ佐賀市エリア。
美術館からまわりはじめて4時間ほどが経ちました。

もっとじっくり見るのも絶対に楽しいと思います。
それでは、次のステージ嬉野に向けて車で移動です。
嬉野といえば”温泉”。『佐賀風呂』へ突撃です!

車のドアを開けると車内は灼熱地獄!
熱気に空気がゆがむ様はまさに『太陽風』(ロマサガに出てくる術の名称)です。

『ロマンシング サ・ガ3』の『バンガード発進のテーマ曲』をBGMに流し、気合いを入れて出発です!

次回、嬉野編の報告もぜひ楽しみにお待ちください!



ライター:たぬきち

SNSでフォローする