ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

もうすぐ夏休み♫ハワイ旅行で困らない為の3つの対策!

Aloha!!もうすぐ夏休み!今年の夏休みはハワイで過ごすという人も多いのではないでしょうか??
友達と、家族と、恋人と。誰と言っても楽しめるのがハワイです。馴染み深く感じますが、ハワイも外国です。日本と勝手が違うところも多々あります。
雑誌などを見てもおすすめのレストランやビーチなどの観光地は数多く掲載されていますが、旅行でのデメリット、困ることについてはあまり書かれていないので、今回はわたしがハワイに行って最も困ったことをいくつかまとめてみました。
ハワイに旅行に行く際の参考にしてくださいね。

①英会話について

e02e53e7660e6cb8eed98ec319b7e628_s
日本人の多くは、「ハワイは日本語が通じるから英語は必要ないんでしょ?日本語だけで大丈夫でしょ?」と言います。わたしも、初めてハワイ行くまではそう思ってました。なので英会話の準備は0(ゼロ)で行きました。

しかし、答えは、NOです!ハワイも外国なので当然と言っては当然ですが、英語は必要です!ワイキキなどのメインの観光地では日本人スタッフも多いですし、看板にも日本語表記は多いので、確かになんとかなりますが、洋服屋やカフェ、レストランでは、ほとんど日本語は通じないです。
レストランやカフェはメニューを見ながら指差しで「これください」といったアピールをすれば乗り切れますが、洋服などのショッピングではほぼ英語のみです。
しかもあちらの店員さんは普通に友達のようなノリでいろいろと話しかけてきます。そこで我々日本人は「???」となってしまうことがとても多いのです。

b3edab4303ca5e9c50cffcad85c0655d_s
現地の店員さんと日常会話はできなくても、最低限満足のいく買い物ができるよう、「試着できるか」、「他の色があるか」、「いくらか」など、多く使いそうなフレーズはある程度言えるように準備して行った方が良いと思います。
今はインターネットでも調べられますし、英会話本を持参するのも良いです。強気に日本語で押し通したりせず、なるべく英語で伝える努力をした方が良いでしょう。

また、ハワイのレストランでは最低15%のチップを払うのもマナーです。払い忘れないよう気をつけましょう。
稀にチップ込みの会計になっている場合があるので、伝票をよく見てくださいね。


②移動手段について

fa6f0b6e769301396e6b7b97be9a500e_s
ハワイには現在電車がありません。従って、交通手段は車かバスです。観光者向けの「トロリーバス」というのもあります。また観光客の人はレンタカーを借りる人も多いです。

ちなみに「トロリーバス」の説明をしておくと、トロリーバスには2種類あります。
1つ目は「旅行会社運営のトロリーバス」これはその名の通り各旅行会社が運営しているバスでその旅行会社から申し込んだ人であればフリーパスで乗り放題になります。(会社により差はあるかもしれません。)
ただしパスで乗車できるバスは旅行会社が運営しているバスのみ。また、個人手配で旅行をしている人は使用できないバスとなります。

2つ目は「ワイキキトロリー」これは「ピンクライン」、「レッドライン」、「グリーンライン」、「ブルーライン」、「パープルライン」、「ワイケレ&観光ツアー」という運行ラインがあります。こちらは個人手配の旅行観光客でも自由に乗車が出来ます。
専用チケットを購入して乗り降りが自由なトロリーバスで、カラーによって路線が違い、行ける場所も変わってきます。
ワイキキトロリーについては公式HPをどうぞ→http://www.waikikitrolley.com/

409348f28d786a57f4fe96f1b9ee8dde_s
わたしは車の運転免許を持っていないので、遠くへ行くときは、「The Bus」(ザ・バス)という公共バスを使っていました。
このバスに乗ればハワイの大体のところへは行けます。1回乗るごとに大人は$2.50かかりますが、「トランスファーチケット(乗り換え券)」というのをバスに乗車した時に運転手からもらっておくと、チケットに記載されている時間内であれば、乗り換えするとき、帰るときもそのチケットのみで乗車することが出来ます(1回のみ使用可能)。
バスの運転手はもちろん日本語は通じませんので「トランスファー・プリーズ」と英語で伝えましょう。

他に気をつけることは、目的のバスを間違えないこと。行きたいバス停に停まるバスかどうか確認しましょう。
日本とは道路が反対なのです、方向にも注意してください。そして、バスによっては停留所を提示しないものもあるので、アナウンスを毎回しっかり聞きましょう。あとは乗車の際、運転手に「わたしは〇〇へ行きたい」と事前に伝えておくのも良いです。覚えていてくれたら、到着する前に声かけてくれます。慣れるまでは寝てしまったり、音楽を聴きながら乗車するのは止めておいた方が良いでしょう。

そしてもう一点、ハワイのバス停には時刻表がありません!どのバスがいつ来るかわからないのです。
慣れないうちはここで時間をかなりロスしてしまうことが多いです。限られた時間しかない観光客の人にとっては痛手ですよね。
でも実は、、「The Bus」の到着時刻を教えてくれる便利なアプリがあるので紹介します!ただしWi-Fiが無いとアプリが使え無いので、ポータブルWi-Fiを用意するなど、インターネットを接続できる環境を準備してください。

TheBus_New_Flyer_DE40LF_at_Bishop_and_Nimitz_2009-01-24
そのアプリがこちら、「Da Bus」です。
DaBus – The Oahu Bus App by City and County of Honolulu
https://appsto.re/jp/u8DbE.i

各バス停にはバス停ナンバーが黄色い看板の下に書いてあります。(書いて無いバス停もあります。その場合は現在地からも調べられます。)その番号を入力すると、何分後にどこ行きのバスが来るのか次々と出てきます。
ほぼ正確にバスがくるので、これがあれば何時にバス停に行けば良いのかがわかります!これでプランも立てやすいですね。


③冷房対策について

264852a0d5c6d96b86322df35ebbd240_s
ハワイは一年通して暖かい、むしろ暑いので、薄着でいることがほとんどです。毎日ランニングに短パン、ビーチサンダルという人がとても多いです。そこで注意して欲しいのが、室内の冷房です!ショッピングセンター、レストラン、バス内など、びっくりするくらい容赦なく冷房が効いていて、とても寒いのです。
カーディガンやストールなど何か羽織るものを必ず持参しましょう。ハワイに行って風邪引いたのでは困りますからね!


安全で楽しい旅にするには、ある程度の知識と準備をしていくことが大事です。数あるハワイ本の中でも初めての人にとくにおすすめなのが、「地球の歩き方」というガイドブックです。詳しく書かれていて読みやすい上、実際に行った一般の人の情報を集めて作ったものなので、内容に現実味があります。これから行く人はぜひ読んでみてくださいね!準備万全にして充実した旅にしてください!




Wakuiroの最新情報、取材画像、ライター紹介などが届きます!記事を見逃したく無い方はご登録をお願いします。公式LINE@ 【Wakuiro情報配信】
友だち追加数

ライタープロフィール

MAIKO

アメリカ在住のフラ、タヒチアンダンサー。

ハワイオアフ島で長期に渡りフラとタヒチアンダンスを学ぶ。また、ラテン系アメリカ人の夫との間に産まれた1児の母でもある。


SNSでフォローする