ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

夏休みのレジャーにぴったり!フォレストアドベンチャーで大人も子供も大冒険!!

不安定な足場や丸太の上を渡ったり、高所からロープで滑り降りたり……。
そんな、まるでアクション映画のようなことをやってみたいと思ったことのある方は、きっとたくさんおられるのではないだろうか。
では、「実際にやってみた!」という方は?きっとほとんどいらっしゃらないだろう。そんな皆さんに、アクション映画さながらの大冒険ができるスポットを私の体験を交えてご紹介しよう!

shomen

■大自然の中で大冒険!


その施設とは「フォレストアドベンチャー」だ。全国二十か所(本年夏オープン予定も含む)に展開している、森の中のアトラクション施設だ。今回は神奈川県にある「フォレストアドベンチャー・箱根」にお邪魔した。
足場から伸びるハシゴ、張り巡らされたロープとワイヤー……。これらのアクティビティはすべて森の中、樹木の上や間に作られている。もっとも高い所で地上からなんと約10メートル!高さだけでもすでにスリル満点だ。
フォレストアドベンチャーの最大の特徴は、この「森の中」にあるという点。木の上に作られた「プラットフォーム」と呼ばれる足場から、次のプラットフォームへ渡ったり、ターザンのようにロープにつかまって滑り降りる移動(ジップスライドという)をしたりするのだ。森の中だから眺めも抜群!

akuthibi

■自分の安全は自分で守る

「でも、そんな高い所、危なくないの?」と思うことだろう。当然、危ないのだ。だからこそ、安全の確保は人任せではなく自分でしっかりしなければならない。
コースへ出る前に、必ずカラビナやプーリといった安全器具の使い方の講習を受けることになっている。コースへ出たら、安全器具を扱うのはすべて自分の手。そのため、安全器具の使い方がきちんとできていないと、コースへは出してもらえないのだ。
しかし、扱い方は決して難しくはない。ルールを守って正しく安全器具を使用すれば、大冒険を心から楽しむことができるのだ!

nannido

■さあ冒険しよう!!

しっかり安全確保ができるようになったら、大冒険の始まりだ!
 今回、私が体験してきたのは「アドベンチャーコース」というコース。所要時間はおよそ二時間。はじめは、ごく簡単な綱渡りや、揺れる足場を進むアクティビティ。だんだんと難易度が増し、ジップスライドも長くなってゆく……!

zipsuraido
スリルの度合いが最高潮なのは、「ターザンスイング」というアクティビティ!目の前の、ロープでできたネットへ飛び移るのだが、まず飛び移るための勇気がなかなか出ない。安全だとはわかっていても、それでも怖い!決心を固めて「えいっ!」と飛び出すと、自分の意思とはもう関係なく「ひゃああ!!」という声が出てしまう!体験したことのない浮遊感と衝撃!こんなことを言ってしまうとライター失格になるかもしれないが、言葉ではとても説明できない!!是非、実際に行ってこのスリルを味わっていただきたい!

tazan

■子どもでもOK!家族で楽しもう!

今回私が冒険した「アドベンチャーコース」、大人も大満足のスリルだが、利用は身長140センチ以上であればお子様でもOK!それ以下のお子様(小学校一年生、身長110センチ以上)も利用できるコース「キャノピーコース」もある。こちらは、アドベンチャーコースのような安全器具の操作がなく、一度器具をつけたらコースが終わるまで外さずに遊ぶことができる。器具の扱いが難しい、というお子様でも安心して遊んでいただけるのだ!
夏休みに家族で楽しむのにぴったりな施設だが、もちろん、夏休みの時期は混雑も予想される。スムーズに、快適に楽しむために「事前予約」をすることをオススメする。予約は電話またはオンラインで可能だ。また、予約した時間に遅れずパークへ行くことも心がけよう!

今年の夏は、大冒険に出かけよう!!

gole

※コース内容はパークによって異なります。
詳しくは「フォレストアドベンチャー」のHPへ!
http://foret-aventure.jp/



Wakuiroの最新情報、取材画像、ライター紹介などが届きます!記事を見逃したく無い方はご登録をお願いします。
公式LINE@ 【Wakuiro情報配信】
友だち追加数

ライタープロフィール

紺堂カヤ

文筆家

小説を中心に「書くこと」をしております。

創作サークル「つばめ綺譚社」代表。

オンラインノベルゲームWTRPGのシナリオライターとしても活動中。

物語、文化、食事など、あらゆる場面からわくわくするものを探してゆきます。


SNSでフォローする