ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

花をもっと身近に!世界でたったひとつのフラワーベースDIY体験

おしゃれな空き瓶を一輪挿しに使ったことはありませんか??
捨てるのが勿体無いくらい素敵なデザインの瓶や缶もたくさん見かけます。
フラワーベースを買うのも良いですが、日常ゴミとして捨てられてしまう空缶や空瓶をリメイクすれば、世界で一つだけのオリジナルなベースに生まれ変わります!

フローリストの長島さんが企画のD.I.Y!ボトルをリメイクしたベースに花や植物を素敵に飾る”をテーマとした期間限定ショップ『DELICIOUS FLOWER GARDEN』にお邪魔させていただきました。

第4回目はPIZZA SLICE2でのPOP UP SHOP

『DELICIOUS FLOWER GARDEN』はエディブルフラワー(=食用花)をフローリスト目線でアレンジする事をメインテーマとした、食と植物の楽しみを提案をするイベントで今回は4回目。ちなみに第3回目は、Wakuiroでも取り上げさせていただいたエディブルフラワーの寄植えワークショップ。

3回目のワークショプはこちらを参考に。
『花を植えて、眺めて、食べる』エディブルフラワーの魅力を探るワークショップ体験


第4回目は、50cmもの巨大なピザをカットして提供するアメリカスタイルのピザにエディブルフラワーをトッピングしたり、フラワードーナツやフラワーモヒートを限定サービス。エディブルフラワーは見た目だけでなく味も様々で食べ比べしても面白いです。ちなみに、お皿からはみ出んばかりの巨大なピザですが、生地は薄くてサクサク軽いので女性でもペロリと食べられちゃいます。シンプルなチーズピザなら1枚390円という気軽さです!!

©Fumiaki Yamazaki

©Fumiaki Yamazaki



©Fumiaki Yamazaki

©Fumiaki Yamazaki



DFG4_0049
『PIZZA SLICE2』でのPOP UP SHOPは、6月18日(土)、19日(日)の2日間限定開催ながらも、店内は綺麗なお花やかわいいサボテン、多肉植物などが飾られ華やかに。イベントをイメージして描かれたというアーティスト「DEAD KEBAB」のペイントが飾られ、ボトルにラベルみたいに貼ってあったり、華やかさもありつつ前衛的で甘すぎない空間を作り上げていました。

DFG4_0040
さて、ここでフラワーベースのDIY体験をするために、ハートランドビールとチェリーコークを注文。私はハートランドビールを選び、アルコールがダメなカメラマンさんにチェリーコークを。

【DIYデモンストレーション】実は簡単!瓶や缶の切断!

どんな風に缶やボトルをカットするの??
購入したドリンクをまず飲み干す。仕事をしながらアルコールを飲めるというのはなんか素敵。とは言え、一気に飲んで、酔いが回ってしまったら危ないので、エディブルフラワーをトッピングしたピザをいただきながら頑張って飲み干す。空のボトルが手に入ったら、中をしっかり水洗い。

瓶や缶を長島さんの手によってその場でカットして見せてくれました!
カットの方法はたくさんあるので、ネットで調べてみてくださいね。

DFG4_0163
DFG4_0198

フラワーベースができたら植物の移植

フラワーベースができたら飾る花や植物を選ぼう。今回選んだのは、ハートランドのグリーンのボトルに合いそうな、アロエの苗。チェリーコークの空き缶には、ピンクのかわいらしい花が咲いているサボテン。

育苗ポットから取り出し、余分な土を取り払う。根っこを残し、さあ移植だ。高さや向きを決め、隙間から細かい砂利を入れる。瓶や缶をトントン叩きながら、砂利を下に落とし隙間を詰めていくのがコツだそう。移植作業はものの数分で簡単に完了。すごく可愛いものに仕上がりました。この手軽さは部屋に植物のある生活を始めるのにいいかもしれない。

DFG4_0272
DFG4_0306

世界で一つだけのフラワーベースに何を飾る?

サボテンや多肉植物は自らの体内に水を溜め込む性質の植物。小まめな水やりが必要ないので、鉢底に水はけの穴がなくても管理できるそう。なので瓶や缶でも大丈夫なんですね!
今回はエディブルフラワーをボトルにアレンジしていたのですが、ホームパーティの際にさりげなく食べれるお花が活けてあったら、注目の的になること受け合いです!!
存在感のある花を一輪飾るだけでも絵になりますね…

DFG4_0331
最近ではおしゃれな瓶が増えてきているので、お酒を選ぶ際に、飲み終わった後このボトルに何を飾ろうという視点で選んでも面白いかも?!
世界で一つだけのベースを作り、花や緑のある生活を楽しんでみませんか?


講師:florist norikonagashima(フローリスト 長島典子)
アロマテラピーを学んだ事を切っ掛けに、オーガニックや自然の持つ力に興味を持つ。
現在は店舗を持たないオーダーメイドのフローリストとして活躍中。
原産地や花言葉、色彩心理を取り入れた独自のセンスを生かしたアレンジが得意。
グリーンコーディネイトやガーデ二ングなど幅広く行う。
イギリスのランドスケープデザイナーに影響を受け、エディブルフラワーに着目。
フレンチのシェフとのコラボイベントや、寄せ植えのワークショップを開催。
心豊かなライフスタイルを提案すると共に、環境に考慮した活動を取り入れたいと考えています。

随時イベントやワークショップを開催中。情報は以下SNSからチェック!
Facebook:florist norikonagashima
https://www.facebook.com/florist.norikonagashima
Instgaram https://www.instagram.com/florist_norikonagashima/

SNSでフォローする