ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

【連載コラム第1回】お祭りの意味がよ〜くわかるお話。

「文化財」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。日本文化(の歴史)を代表するモノに対して行政が「これは代表的なモノ」と判断、認定したモノたちです。

文化財には「有形」と「無形」があります。有形は文字通り「形あるもの」。例えば仏像など固形物です。一方の「無形」は手に持つことが出来ないものを指します。例えば芸能や技術です。このコラムでは無形文化財の中の、さらに無形の民俗文化財について書いてまいります。民俗・・・つまり、普段の生活の文化についてのお話です。

生活の文化って何?と思われると思いますので、ここではお祭1本にしぼって連載を続けたく思います♪

皆様が暮らす地域で伝承されているお祭や京都の祇園祭などの著名なお祭り・・・これらは凡て決まった時期に神さまや精霊(ご先祖様など)に対して行うものです。日本には四季があり、その四季の変わり目に合うように祭りが行われることが多いのですが、暦より「季節の変わり目」で祭が行われていた、ということが本当は大事。
季節の節目には植物が花を咲かせたり実を作ったり枯れたりします。つまり、農作物にとって次のステップに移るためにパワーが欲しい時期。そして気温などの変わり目なので人間の病気になりがち。体力が欲しい時期。
そういう「節目」のタイミングで神さまや精霊が大地や人間に新たなパワーをもたらし、あるいは体に溜まったケガレ(体に悪いモノ)を祓ってくれるのです。

SKM_C284e16061719430_0001

今回は「ところで神さまって何?」というお話です。

八百万の神々といいますが、八百万とは「猛烈に沢山」という意味ですので、具体数ではありません。名のある神も名無しの神も色々ひっくるめて「八百万の神々」です。
地域それぞれを守る土地神や氏神や山の神、田の神、祖霊神、タタリ神・・・色々存在しますが、名前がある神さま達は古事記や日本書紀にまとめられた国にとって必要な神さまであって、ぜ~んぶ、皆、八百万の一部なのです。

では、国ではなく、各地域に存在する民間の神さまはどんな神さまなのでしょうか。
ご当地の神さまは祭にヒョッコリ現れてきます。
秋田県に「ナマハゲ」という神さまがいます。似たような荒々しい風貌の神さま、実は全国各地で、年の変わり目などに現れます。石川県の「アマメハギ」や鹿児島県の「トシドン」など、みんな人ではない「異形」の姿で祭りのときだけ来訪する神さまです。そして大抵が怖いお面をつけています。たいていが『鬼(オニ)』の面です。愛知県の「花祭」では「榊鬼」という存在もいたりします。
実は、春来る鬼は日本古来の神さまなのです。年の変わり目にパワーをもたらす存在です。

SKM_C284e16061719430_0003
日本最古の百科辞典とも言われる「和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)」(10C)に「鬼は『隠(オン)』の音が訛ったもの」と書かれています。ものの陰に隠れて形を表すことを欲しない存在なのです。つまり、普段は「見えない」存在が姿を現す時、その表現として「鬼面」を使っているのです。仏教の獅子や金剛などの面デザインと合体した感もありますし、地獄の鬼と合体した感もあるし、結果、デザインは色々なものになっているのですが、ルーツをたどれば「見えない」存在だったのです。
見えないものが見える時、それが祭なのです。

勿論、オニ以外の神さまもおります。「(翁面をつけた)翁」や、多分一番ポピュラーかもしれない「獅子」など。それは、これからの連載の中でお話してまいります♪

最後に。
では、そんな見えない存在が普段はどこにいるのでしょうか。
「常世」です。
これまた日本古来の他界観(あの世)がありまして、これが常世。地獄でも極楽でもない「あの世=常世」です。山の向こう、海のかなたにあるとされています。こちらについてもいつか機会があれば書けたら、と思います。

次回は、そのような日本の神さまへの芸能って何があるの?というお話です★
これからも、このコラムに御付き合いいただけますと嬉しいです(笑顔)

SKM_C284e16061719430_0002



イラスト:小暮満寿雄氏プロフィール
画家 著述家 ビジュアル作家
HP:http://masuo-san.com/




Wakuiroの最新情報、取材画像、ライター紹介などが届きます!記事を見逃したく無い方はご登録をお願いします。
公式LINE@ 【Wakuiro情報配信】
友だち追加数

ライタープロフィール

山崎 敬子

玉川大学芸術学部で民俗芸能の講師

民俗芸能しいては日本文化の活性を目指し中心市街地活性化事業に取り組んでいる。

元広告業界専門新聞編集長であったことから日本ペンクラブに所属。


SNSでフォローする