ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

運命の一本に出会う為に!アコーステックギターの選び方。

アコースティックギターを購入したいという方からこんな相談を受けることがあります。「アコースティックギターを買いたいのですが、種類が多くて何を買ったらいいのかわからない。どんなギターがよいですか?」、「ギターを買う時に何を見て買ったらよいのかわからない。ギターを買う決め手はどこなんですか?」と。

そもそも「ギターって一本一本違うの?」、「種類なんてあるの?」っと思われる方もいて、大きさや形などに違いがあることを説明すると驚かれる方もいらっしゃいます。
例えば、洋服でもTシャツ、ポロシャツ、ワンピースなどの種類があるように、ギターだけでなく、バイオリンなどの弦楽器、トランペットなどの金管楽器にも、種類があります。

楽器店に行けば、値段の高いものから安いもの、ギターの大きさも違えば、ギターの本体の色も違う、様々なギターが何十本も「朝の満員電車」のように所狭しと並んでいます。
そんな何十本も並んだギターから、自分だけの1本を決めるのですから、悩むのも仕方ありません。

この記事では、そんなアコースティックギター選びに悩まれている方々の参考になれればと思い、アコースティックギター選びのポイントを紹介しようかと思います。
選び方のポイントとして、アコースティックギターだけでなく、エレキギターやベースギター、他の楽器にも相通ずる部分もあるかと思いますが、相通ずる部分はそれぞれの楽器に置き換えて読んでいただけると幸いです。

photo-1465225314224-587cd83d322b
皆さんの憧れのアーティストは誰でしょうか?
どんなアーティストのどんな曲を弾いてみたいと思ったでしょうか?
このアーティストのこの曲を弾きたい!ライブでアコースティックギターを演奏していた姿に憧れた!ギターを初めてみたい!と思った時に憧れのアーティストの姿に自分を照らし合わせた方もいるはず。
そのときに、「自分はこんな曲を弾いていて、こんなギターを使っていて、こんな演奏をしていて、こんな音を奏でている!」と弾いている姿をイメージできたのではないでしょうか?
私も、自分が演奏している風景と音がイメージされたとき、手持ちのギターでは表現できない!と思ったときに、ギターが欲しくなるのです。
自分のイメージする演奏、音を実現させてくれるギターを探していく!
ギター選びというより、イメージを現実化させてくれるギター探しの旅!っというほうが近いでしょうか?

guitar-1139397_1280
同じ場所で同じ年に生まれていても人それぞれ考え方や好き嫌い、得意不得意なものが違うように、1本1本にもアコースティックギターから奏でられる音にも違いがあります。
アコースティックギターの主な材料として、マホガニーとローズウッドと呼ばれる木が使われています。

この材料がアコースティックギターを弾いたときに出る音に大きな違いを生みます。
あくまでも私の見解ですが、マホガニーが使われていると、中音域が強く出て、ショートケーキのような甘さを感じさせてくれます。
歌っているとき私はこの中音域が出ているときが多いため、弾き語りをする場合ギターの音と声が重なる音域が出てきます。
すると、弾いているときの感覚としては、ギターの音が私の歌声の追い風を受けて鳴っているかのように感じます!
ギターの音がより軽やかにスイスイと鳴っているように感じるのです!
弾いていて気持ちよく感じるのがこのマホガニーが使われているギター。
ギターの音をより目立たせリズムカルに弾きたいときに使います。

対するローズウッドは、低音域が強く出て、濃厚なスープでも食したかのような重厚な深みを感じます。
歌声は中音域でギターが鳴っている低音域。
音域が重ならないため、ギターが鳴る低音域に歌声の中音域が乗っかるように聞こえ、歌声をギターの音がしっかりと抱っこして支えてくれているかのような感覚があります。
すると、今度は歌声のほうが追い風を受けているかのようになり、ギターの音よりも歌声のほうが映えます。
歌っていて気持ちいいのが、ローズウッドが使われているギター。
より歌を聞かせたいバラード曲などを弾きたいときに使います。
シンガーソングライターの方が好んで使うギターも、このローズウッドを使っているギターが多い印象も感じます。

guitar-756326_1280
他にもギターの構造、サイズなどから、イメージした演奏や音にマッチするギターを選んでいます。
ギター選びの中で、自分がそのギターを使って演奏する姿やそこで聞こえてくる音を想像し、自分のフィーリングとマッチしているか確認しているのです。

選ぶギターによって、奏でられる音や演奏スタイルも変わってくる。
アーティストが複数のギターを所有されているのは、このような理由もあるように思います。(私もギターは6本所有しており、ギターにより弾く曲を変えています。)
私にとって、ギター選びは、思い描いていた音や演奏スタイルを、ギター選びという形で具体化していくものなのです。
イメージ通りのギターが見つかった時には、まるで運命の人にでも巡り合えた!そんな喜びがあります。

626
あなたは、ギターでどんな曲を弾きたいですか?
そのとき選んだギターからはどんな音が聞こえてくるでしょうか?
自分のイメージ通りのギターを手にできたとき、あなたにはどんな喜びが待っているでしょうか?
そんな心の奥底にしまったものを、ギター選びを通して、形にしてみませんか?


Wakuiroの最新情報、取材画像、ライター紹介などが届きます!記事を見逃したく無い方はご登録をお願いします。
公式LINE@ 【Wakuiro情報配信】
友だち追加数

ライタープロフィール

川原武大

よく、外人に間違われて、ハーフ? っとか言われて育ちました。

あだ名は、似てたってことで「アンディフグ」や「ランボー」、そして「ニック」音楽好きな人、楽器弾くのが好きな人、歌うのが好きな人、音楽に対する思いはそれぞれだと思いますが、自分も仲間も音楽を通して、楽しい!っと思えるそんな時間をつくることができたら!と願いを込めて活動しています。


SNSでフォローする