ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

初心者でも簡単♪材料は全て100円ショップ!スイーツデコの小物入れを作ろう♪

11ban

■食べられないけど美味しそうで可愛いスイーツデコ


皆さんはスイーツデコというものをご存知でしょうか?言葉だけを聞くと、”お菓子をデコる”というそのままの意味でとらえられてしまう方が多いかもしれませんが、スイーツデコは食べられません!
ストラップ、小物入れ、携帯ケースなどを、粘土などの材料で本物のお菓子そっくりに作って、デコレーションするアートです。
”見て楽しむお菓子”と言えば分かりやすいですね。

■スイーツデコの材料、実は100円ショップで揃っちゃう♪


手芸やアートの専門店でも材料は多数取り扱っていますが、100円ショップで簡単に揃えることもできちゃうんです。お店によっては専用の棚があったりもしますよ♪
そして今回筆者は、皆様にスイーツデコの魅力をお伝えする為に近所のDAISO、Seria、Can☆Doの三箇所を周り、集めてきました!スイーツデコグッズ!

1ban
今回はこちらのお手頃グッズで、誰にでも出来る簡単なスイーツデコ小物入れの作り方をご紹介したいと思います。

■さぁ、実際に作ってみよう♪必要な材料はこちら。


今回使ったスイーツデコに必要な、材料、道具はこちらです。これらは全て100円ショップで揃っちゃいます!

□下に敷くもの(不要なクリアファイルなどがオススメ)
□クリームケース(作る分)
□生クリーム(スイーツデコ専用)
□飾りたいトッピング類
□ウェットティッシュ
□ピンセット(トッピングをのせる時に使用)

■まずはウォーミングアップ♪トッピング用のマカロンの制作!


この様に小さいサイズのマカロンが、ここまで作られた状態で売っています。これだけでも、とっても可愛いですね。

2ban
マカロンを袋から出し、目の前に並べてみて下さい。生クリームは付属の内キャップをセットしておいて下さい。(内キャップを変えることで8切型、丸型などいろいろな形でクリームが絞れます。)
ここまでできたらいよいよクリームの注入!この様に最初力を入れ、少しずつ弱めていくように絞ります。

3ban
クリームは量を考えて、もう片方のマカロンをのせた時に溢れないように注意して下さいね。もう片方のマカロンはふんわり軽く押すようにのせて下さい。
これで完成!時間をおいて乾かします。お好みで、ストーンをトッピングしても可愛いです♪

4ban
こちらのマカロンについてはお好みで、必要な方のみ参考にして下さいね。

■いよいよ本体の制作開始!


まずは本体となる、クリームケースに生クリームを絞っていきたいと思います。作りたい分だけ、制作しやすいよう目の前に置いて下さい。
同時に、上に乗せたいトッピング類も全て手の届く所に使いやすいように準備。

5ban
それでは、ここで先ほどと同様に生クリームを絞っていくのですが、今回は”表にみえる部分”ですので、先ほどよりかは緊張度を少しアップさせる必要があります。コツは、生クリームを一定の力で力強く押し出すこと。ソフトクリームのアイスを絞るような、ふんわり優しく円を描く様な、そんなイメージで絞ってみて下さいね。

6ban
7ban
以下のように絞り終わります。

8ban
付属のキャップを上手く使い分け、このように落書きしても可愛い♪

その後は、クリームが乾く前にお好みのトッピング類、先ほど制作しておいたマカロンなどを思う存分にのせていきます。
上に乗せる際、クリームがつぶれないよう”ふんわりバランスよく”置いていくことがコツです。
一番楽しい時間でもありますが、多少の集中力と読者様の素晴らしいセンスが作品に表れる大事な作業です。気を張ってもうひと頑張りしましょう!

〈バランスよく盛れるポイント〉

□重たいものが下、軽いものが上になるようにする
□同じ色が一箇所に固まらないようにランダムに置く
□散りばめるような細かいトッピング系は後半に。隙間を埋める際はピンセットを使用。
□トッピングが大きくグラつく時は、根元の部分に生クリームを足すことで安定する。
□クリームが汚い、思わず手が触れて乱れてしまった。そのような箇所があれば、その上にトッピングを乗せて隠してしまう。

9ban
10ban
ここまでできると、甘い香りがしてくるような、ワクワクした気分になりますね。
注意点:製作中に手が汚れることが多いですが、他の作品への付着を防ぐ為にこまめにウェットティッシュでふいて下さい。

11ban
全部のせ終わりました。完全に乾かすには約一日置いて下さいね。ホコリなどが付着しないように注意してください。
完全に乾いたら完成です!お疲れさまでした。

スイーツデコは、作っている間はとにかくワクワクして楽しいです。親子で一緒にスイーツデコを作ってみるのも良いですね。
ちょっとした友人へのプレゼント、自分用にしても、オリジナルの特別なものが出来ちゃいます。

筆者は同じ要領で、スイーツデコのマグネットなども作っちゃいました。

12ban
可愛いし、とってもおいしそうですよね。

この様にどんなものでも簡単に可愛く大変身させることができるため、いろいろな小物に応用できて、”自分だけのオリジナル”がどんどん作れるのがスイーツデコの魅力だと思います。
慣れてくると、ちょっとした工夫で何通りものデザインができて、応用を活かした自分らしい作品が作れますよ。
是非あなただけの作品を作って、見て楽しむカワイイアートを堪能してみて下さい!

ライタープロフィール

mari eee
とにかくカラフルでカワイイものが好き。こどもの頃からアメリカンテイストのものには目がない。
デコアート、スイーツデコの資格を持ち、現在開業を目指し日々奮闘中!
Instagramでは、日々のアート作品や日々の落書き、撮った写真、好きなモノを掲載しています。
SNSでフォローする
この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます
No articles