ワクワクするものがイロイロみつかる情報メディア - Wakuiroとは? | ライター募集

そうだ「民泊」をしてみよう!意外と知らない民泊を楽しむ5つのポイントを大公開!

「民泊」とは旅行者がホテルではなく一般の民家に宿泊することを言います。
最近では既に聞きなれた言葉ではないでしょうか?
日本でも「Airbnb エアビーアンドビー‎」が普及しているおかげで気軽に民泊を楽しめるようになっていると聞きます。

民泊のことを冒頭で語っている筆者ですが、実はエアビーアンドビーを使ったことがありません。
もちろん存在は知っていましたが、旅行はホテルに泊まる派で民家に泊まるといえば、お友達の家に泊まるぐらいで全く知らない人の家に泊まるなんて想像もできない世界だったわけです。

そんな筆者がなぜこの記事を書こうと思ったかというと、Airbnb総合研究会の代表阿部さんに出会ったからなのです。
阿部さんは言わばエアービーアンドビーのプロ!本も2冊執筆され、ホスト(貸主)として外国人旅行客の方にお部屋を貸したりもしています。
宿泊の方法を変えるだけで今までの旅行がもっと楽しくなるようなポイントを阿部さんから伺ったので、みなさんの旅が「民泊」によってもっと楽しめるようにご紹介をしていきたいと思います!

Airbnb総合研究会 代表 阿部ヨシカズさん

Airbnb総合研究会 代表 阿部ヨシカズさん



■ホストとの交流を楽しもう!


エアービーアンドビーでは部屋の貸主の事を「ホスト」と呼びます。
ホストの中には一緒に食事をしてくれたり、観光に付き合ってくれるアクティブな方もいるそうです。
海外旅行に行った時にはガイドブックを見ながら街を歩く方が多いと思いますが、ホストが観光に付き合ってくれたら街の穴場スポットやローカルフードなど、ガイドブックには載っていないような場所に出会えるかもしれません。
旅行中にホストと交流をすることで、友達が増えたり、観光が楽しめたり、よりワクワクする旅になりそうですね!
注意していただきたいのは、すべてのホストが交流をしてくれる訳ではないのでプロフィール画面等で交流ができるホストかどうかを確認してから予約をしてください。

photo-1459631836437-1c2824882e3f

■現地ならではの暮らしを体験


一般の民家に宿泊するということは、その国独特の家の作りや生活を体験することができると阿部さんは言います。
色々な宿があるとは思いますが、写真を見る限り日本では見たことのないような建築設計の家があったり、インテリアがおしゃれな部屋があったり……
写真を見ているだけでだんだんと現地に行きたくなるような気分になります。
ホテルだと、だいたい同じような内装や造りになっているので、ホテルに飽きた方は現地の暮らしを体験してみるのも良いのではないでしょうか。

photo-1453671424686-dfef17039343

■ホテル宿泊では味わえないような事が……


阿部さんに、「今まで見た中で面白いなと思ったホストはいますか?」と質問してみました。
印象に残ったところで「おばあちゃんの朝ごはん付き」や「採れたての野菜を食卓に出してくれる」や「お菓子作りを一緒にできる」
など色々と上げてくれましたが、本当にどれも個性的です。
おばあちゃんの朝ご飯とか、ホテルの食事より食べたい!!と思ってしまいました。
どこの国に行ってもおばあちゃんの朝ご飯はなぜか魅力的です。
そんなホストの個性が詰まった特典を味わえるのも民泊ならでは?と感じました。

photo-1453761226302-ad75760ff71b

■一人よりみんなで泊まるとコスパが良い!


ホテルだと、一泊一人につき5,000円(金額は例)という形が通常かと思います。
エアービーアンドビーでは、一部屋につき5,000円(金額は例)という形の料金設定が多いようで、2人や3人で宿泊できる部屋だと割り勘すればホテルよりんグンとお得!
もちろん人数が増えれば少し料金が上がる部屋もあるもののホテルまでは高くなく、なおかつほとんどが室料のみでした。
例えば10,000円の部屋でも3人で宿泊すれば一人約3,300円です。
宿泊費を賢く抑えて観光やお土産に回すことができるこの節約術!使ってみて損はないかと思います。

eae0a1da

■お金のトラブルなし!安心の決済システム


せっかくの旅行も、宿泊先での金銭トラブルが起こってしまえば楽しくなくなります。
エアービーアンドビーでは宿泊費用は全てシステム内で完結しているので、その場でお金の受け渡しはないそうです。
宿泊費がいきなり増えたり、ホストから要求されたりなんて事はないので安心して旅行が楽しめますね!
個人間同士の貸し借りだと、金銭の部分は不安になりがちですが、その部分も加味して作られているのは流石だと感心してしまいました。

photo-1462043103994-3eb31d19a057

ここまで書いて思う事は……民泊にはホテルにはない楽しみ方がある!という事。
旅行の楽しみ方が一つ増えたようで、直ぐにでもエアービーアンドビーを使って旅行に行ってみたくなりました。
これを使えば、旅行先に友達がいなくても安心だな〜。とか、ガイドブックにはない場所に行けるな〜とか、妄想が膨らみます。
民泊をした事がない方もこれを機会にいつもと違う旅行をしてみてはいかがでしょうか?

https://www.airbnb.jp/


この記事のアドバイザー
Airbnb総合研究会
代表 阿部 ヨシカズさん
http://airbnb-info.com/

IMG_6630
26歳のサラリーマンとして勤務しながら、計10件以上の物件を手がけ、交流タイプ、シェアタイプ、 貸切タイプ全て貸し出している。
これまで延べ300人以上の外国人旅行者を招き入れ培ったノウハウを元に、Airbnbに特化した 「Airbnb総合研究会」を設立し、代表を務めている。
また、初心者にわかりやすいように解説した、Airbnb入門ガイドを出版し、Airbnb・民泊について 正しい使い方を広めている。
2冊目の書籍となる『Q&Aでわかる!はじめての民泊』を5月に出版!

『Q&Aですぐわかる! Airbnbで始める初めての民泊』
http://ameblo.jp/kazuryuz/entry-12162010541.html

IMG_6621

SNSでフォローする